日本代表のマックス値を上げる一手。内田篤人を守備的MFに

(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

本田圭佑の移籍先はどこなのか。長友佑都はインテルに残留できるのか。柴崎岳はテネリフェからスペイン1部のクラブへ移籍できるのか等々、この時期、欧州組の先行きに注目が集まっている。どのレベルに落ち着くか。それなりの場所で出場機会を得られるか否かは、日本代表に直接、影響する話。気になる話ではあるが、それを言うなら、もっと気にせずにいられないのが、内田篤人の回復ぶりだ。

日本代表から離れて2年と数か月経過。報道によれば、先日、ブンデスリーガ6部相当のチームと対戦したプレシーズンマッチで、後半45分間、右サイドバックとして出場。2ゴールをマークしたという。100%順調なのか。昨季後半から、徐々に復帰の道筋が見えてきているとはいえ、復帰まで莫大な時間を費やした感は否めない。膝の靱帯はサッカー選手の泣き所。重症であることに間違いはないが、医療の発達で、かつて復帰は絶望的と言われたものは、半年程度で復帰できるまでになっている。内田がどれほど重症だったのか、詳しく知る身ではないが、それなりの人から、もう少し詳しい説明が欲しい気がする。日本代表にとっても、これは痛すぎる話だからだ。

ハリルジャパンでの出場歴は、就任当初に行われた親善試合のわずか2回だ。故障中の身でありながら、チュニジア戦、ウズベキスタン戦(2015年3月末)に出場しているが、2年と数か月、代表から遠ざかっている現状に照らすと、その時、内田を招集し、試合に起用した判断は拙速ではなかったかと、大いなる疑問を抱きたくなる。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年7月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2017年7月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    間もなくに迫った4月8日が調教師・鹿戸雄一にとって特別な日である理由とは 平松さとし4/2(木) 6:30
  2. 2
    バルサはラウタロを獲得するのか?メッシとスアレスが求めるラストピース。 森田泰史4/2(木) 7:32
  3. 3
    各球団の最年長と最年少。NPB最年長は福留孝介だが、チームメイトのなかで突出しているのは… 宇根夏樹4/2(木) 7:54
  4. 4
    「もう1周!」 あの距離錯誤を犯した若手騎手の現在と当時の真相を明らかにする 平松さとし4/1(水) 6:30
  5. 5
    【4月2日のMLB】1097試合目の初盗塁、最年少で300本塁打、ダルビッシュがあわや完全試合 宇根夏樹4/2(木) 7:00
  6. 6
    米ツアー再開されたなら「出場者数アップ」「1週間2試合」「仮払い金」という選手救済策がすばらしい 舩越園子4/2(木) 14:05
  7. 7
    東京五輪延期。ツール・ド・フランスはどうなる? 宮本あさか4/2(木) 0:53
  8. 8
    “3密”は回避不可能? 不測の事態を迎えているからこそ真剣に考えるべき取材体制のあり方 菊地慶剛4/1(水) 12:04
  9. 9
    ゴルフ界とNFLが夢の最強タッグを結成!タイガー、ミケルソン、ブレイディ、ペイトンがゴルフで対決 三尾圭4/2(木) 10:46
  10. 10
    大阪エヴェッサでBリーグ選手初の感染者が! チーム内でクラスター発生の疑いも明らかに 菊地慶剛4/2(木) 16:43