日本のW杯予選に危険信号。 コンフェデのオーストラリアが驚きの強さ

ドイツから2ゴールを奪ったオーストラリア(写真:ロイター/アフロ)

 ロシアで開催されているコンフェデレーションズカップは、グループリーグの戦いが終了。準決勝の対戦は、ポルトガル対チリ、ドイツ対メキシコに決まった。しかし、4強以上に目を引いたのがアジアの代表、オーストラリアの戦いぶりだった。

 ドイツ戦2-3、カメルーン戦1-1、チリ戦1-1。ドイツは今大会、メンバーを落として臨んできているとはいえ、3年前の世界チャンピオンだ。チリもコパアメリカ2連覇中で、FIFAランキングは現在4位。W杯でもベスト8、ベスト4を狙おうかとの勢いにある南米の雄である。それらに対して、臆することなく敢然と立ち向かっていったその敢闘精神だけでも称賛に値する。

 そして試合内容も、考えられる限りにおいて最高のものだった。とりわけチリと引き分けた第3戦は、勝っていてもおかしくない、番狂わせ寸前の惜しい試合だった。世界に存在感を強烈にアピールした。

 チリ代表は南米にあっては小柄な方で、サッカー的にも高い規律がある。ザックリ言えば、日本に近いが、日本よりだいぶ強い。好チーム度という点でも大きく上回っている。まさにお手本にすべき国だ。

 オーストラリアはそんなチリに対して、軽くひねられるに違いない。柔よく剛を制するではないが、その大きな身体の脆さを突かれ、チリに切り裂かれてしまうのではないか。8月31日にオーストラリアとの決戦を控えている日本のファンは、チリに半分肩入れしながら観戦に及んだ人も多いはずだ。

 オーストラリアがチリを追い込む姿は、それだけにインパクトがあった。衝撃的な映像として目に飛び込んできた。日本ならやられているに違いないと、悲観的になった人は少なくないだろう。

 昨年10月、日本がメルボルンで対戦(結果は1-1)したときより、数段強くなっている印象だ。メンバー的にはそれほど大きな変化はないものの、サッカーの中身はより前向き、より攻撃的にガラリと一変していた。後ろで構えるイメージは薄れ、前からプレッシャーをかけるスタイルに、だ。

 小柄なチリの選手に大きな選手が襲いかかるようにプレスを掛ける姿。これは正直、怖い。狩猟民族に集団で襲われ、その餌食になる獲物の姿を想起させた。

 元大英帝国ながら、オーストラリアはイングランドというより北欧のサッカーに近い。例えばスウェーデンだ。

 フース・ヒディンクが監督を務めた2006年当時は、パスワークに優れたデンマーク的な匂いもしたが、基本的にはスクエアな4-4-2からブロックを作って手堅く攻める。大崩れしない安定感と、その高身長からくり出される空中戦こそ、日本の苦手とするスタイルだった。オーストラリアに過去、W杯予選で1度も勝てていない理由でもある。

 1-1で引き分けた昨年10月のアウェー戦は、いま振り返れば、ジャブの応酬に終始したように思う。オーストラリアはホーム戦にもかかわらず、決して前に出てこなかった。布陣も中盤ダイヤモンド型4-4-2。4分割にすれば4-3-1-2的な、守備的なスタイルだった。

 日本の布陣は4-2-3-1。両サイドにおける人数の関係は2対1で、日本が数的に上回っていた。サイド攻撃を仕掛けやすい分、日本の方が攻撃的、オーストラリアの方が守備的だった。にもかかわらず内容はほぼイーブン。日本は長所を活かせなかった。

 オーストラリアのアンジェ・ポステコグルー監督が今回採用した布陣は3-4-3。プレスを高い位置からかけてきたという意味においては攻撃的だったが、布陣的には微妙だった。3人のFWが開いて構えれば、文字通り3-4-3だが、内に絞れば3-4-2-1。両サイドは各1人になる。初戦で戦ったドイツには、両サイドが陥った数的不利を突かれ、サイド攻撃を浴びた。狙われたと言ってもいい。

 だが、それでもスコアは2-3。内容的にも接戦と言うべき好勝負を展開した。ドイツは世界的に見ても体格面、フィジカル面に優れた国だが、オーストラリアはそのドイツさえも凌駕する瞬間があった。ドイツに正面から殴りかかり、2点を奪ったわけだ。

 一方において、それとは対照的なチリにも好勝負を演じ引き分けた。幅の広さを見せた。すなわち、総合力の高さを見せつけた。このオーストラリア。率直に言って強敵だ。

 トミ・ユリッチ、トム・ロギッチ、マッシモ・ルオンゴ、さらにはチリ戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたジェームズ・トロイージと、前線に能力の高い大型選手が並ぶ。日本が1-3で逆転負けした2006年ドイツW杯の初戦が、ふと頭をよぎる。大型選手に正面から殴られ3失点したカイザースラウテルンでの一戦が。

 日本に残された対抗策は、やはりサイド攻撃しかない。相手がどんな布陣で臨んでくるか、定かではないが、ド真ん中をブルドーザーのごとく迫力ある攻撃で押してくるであろうオーストラリアに対し、数的に上回る可能性が高いサイド攻撃で反撃する。逆に真ん中を進んだら、相手の思うつぼ。プレッシャーの餌食になる。

 日本の最終戦がサウジアラビアであるのに対し、オーストラリアはタイ。この組の最弱国とホームで対戦する。勝利は堅い。日本に無理に勝たなくても本大会に出場できる環境にある。

 引き分け狙いの静かな戦いをしてきてくれれば、日本は楽になる。だが、コンフェデ杯で掴んだ自信をそのままストレートに発揮してくると考える方が自然だ。

「次戦オーストラリアに勝てばW杯出場。6大会連続出場に王手!」

 イラクに引き分けた直後、ネットにはそうした見出しが飛び交ったが、あまりに楽観的、能天気だ。いま世界でオーストラリアに勝てるチームは、いくつもない。心してかからないと大敗もあり得ると、心配になるのだ。

(集英社Web Sportiva 6月27日掲載原稿)

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    すでにパ・リーグに2人しか存在しない6回以上到達率100% ロッテ・石川歩のエースとしての矜持菊地慶剛8/11(火) 12:14
  2. 2
    アーモンドアイ、ヴィクトリアマイル優勝時の、2人のジョッキーの友情秘話平松さとし8/11(火) 6:30
  3. 3
    アルゼンチン人コーチが語る「浦和レッズ、迷走していますね」林壮一8/11(火) 0:01
  4. 4
    馬と丸山桂里奈が激似!?とSNSで話題 パパになったばかりの種牡馬が斬新な姿になった理由花岡貴子8/11(火) 0:08
  5. 5
    RIZINバンタム級新王者・朝倉海が明かした「勝因」と堀口恭司との再戦に固執する理由近藤隆夫8/11(火) 9:16
  6. 6
    感染のリスクを考慮して「元・西武」の打撃コーチも以降のシーズンを欠場宇根夏樹8/11(火) 15:12
  7. 7
    ヤンキースのエースは減額60%以上、ドジャースのエースは減額50%未満。この差はどこから生じた!?宇根夏樹8/11(火) 16:56
  8. 8
    明豊、20人全員起用で快勝!   甲子園交流試合2日目森本栄浩8/11(火) 20:57
  9. 9
    [甲子園交流試合]左打者7人の広島新庄が、左投手の名伯楽・迫田監督に恩返し楊順行8/11(火) 17:50
  10. 10
    東京五輪閉会式だった日に「新国立を見たかった」負の遺産にしないために今できること元川悦子8/11(火) 10:00