心許ないハリルホジッチ采配。 イラク戦で「悪い予感」がさらに膨らんだ

(写真:アフロスポーツ)

イラクにアウェーで1-1。その6日前に、そのイラクよりレベルが落ちるシリアに、ホームで1-1の引き分けを演じた日本にとって、これは驚くべき結果ではない。加えて言えば、イラクの勝ち点は試合前4で、6チーム中5位。すでに予選落ちを確定させている中での試合だ。会場もテヘラン(イラン)である。ホームではない。モチベーションでもイラクは日本より大幅に劣っていた。日本断然優位の状況だったにもかかわらず、結果は1-1。それが妥当なスコアに見えるところに、弱体化した日本を見る気がする。

しかし、こうした現在の姿は、十分予想することができた。右肩上がりの時代が終焉を告げたことは、遅くとも2014年ブラジルW杯前後に判明していた。低下した選手のレベルをいかに上げるか。それを監督の采配力でいかに食い止め、補うか。日本代表には、これまでにも増して監督の重要性が問われていた。

そのタイミングで就任したのがハリルホジッチ。弱体化しつつある日本の救世主になれるか。期待せずにはいられない監督だった。彼にそうした認識があったかどうか定かではないが、これまで、その監督采配に因って勝ったという試合に遭遇したことはない。弱体化した選手と一緒になって、もがき苦しんでいるという印象だ。

このイラク戦しかり。前半8分、CKから大迫勇也が頭で決めた先制点は、選手にとっても、ハリルホジッチにとっても、まさに悩ましい一撃になった。待望の先制ゴールを奪ったのに喜びがない。この先どうすればいいのか。虎の子の1点と捉え、大切に扱うべきか。選手はむしろ戸惑いを覚えている様子だった。

プレーのリズムを決定するチームの心臓部は通常、守備的MFだ。チームによっては、そこにCBも加わる。ビルドアップの中心になる選手たちに、決定権は必然的に委ねられることになる。

この日、守備的MFとしてスタメンを飾ったのは遠藤航と井手口陽介。遠藤航は、一時はよく使われたが、最近はあまり声が掛からなくなった選手で、所属の浦和ではセンターバックとしてプレーしている。一方の井手口も新人同然の若手だ。その背後で構えるセンターバック2人のうち1人は昌子源で、この試合が代表キャップ4試合目。言ってみれば新参者だ。チームのヘソとなるべき4人のうち、経験者と呼べるのは吉田麻也1人に限られていた。

ケガ人続出とはいえ、監督に、目的地から逆算する視点が欠けていたことは事実。だとすれば余計に、戦い方については監督から選手に、細心の指示が送られる必要があった。追加点を積極的に狙いにいくべきか、1-0でオッケーにするべきか。

しかし、日本とイラクの力関係は、思いのほか接近している。試合に勝つためには1点では足りない。少なくとももう1点はほしい――との読みは当然、成り立つ。

なにより、前半8分に挙げた先制点を守り切るという試合は、なかなかお目にかかれない。強かった頃のイタリアとかドイツとか、例外はあるが、世界のサッカーが攻撃的になるにつれ、その頻度は激減した。

後ろを固めるのではなく、前から圧力をかける。現代サッカーの逃げ切りのパターンは、むしろこちらだ。これをどこまで突き詰められるか。ハリルジャパンに問われていたのはそれだった。チームのヘソのポジションに新顔を3人も送り込んだ監督には、いっそう徹底した指示が求められていた。

監督自らの意志をピッチ上の選手に伝える機会といえばメンバー交代だ。その機会は1試合に3回。この試合では、井手口→今野泰幸(後半17分)、原口元気→倉田秋(後半25分)、酒井宏樹→酒井高徳(後半31分)になる。

このうち2つはケガによる交代だった。そうではないケース、すなわち監督の意志が反映されていたのは、原口と倉田の交代だった。

原口がいわばアタッカーであるのに対し、倉田はMF系。両者のプレーエリアは、倉田の方が一段低い。このとき、原口と入れ替える候補はもう1人存在した。乾貴士だ。数日前、それまで香川真司がつけていた10番を背負うことが決まると、大衆的なメディアはスター誕生とばかり、この非サッカー的な話を喜々として伝えたが、ハリルホジッチが選択したのは、その乾ではなく倉田だった。

2点目を取りにいくというより、1-0のまま締める。この交代にはそうした守備固め的なメッセージが込められていた。そう思わずにはいられなかった。最大の「敗因」はこのメンバー交代にある。

ピッチ上では、それと時を同じくして、酒井宏樹が足を痛め、動けなくなっていた。手を打つべきは、まずこちらだった。さらに久保裕也も足に変調をきたし、動けなくなりつつあった。にもかかわらず、ハリルホジッチ率いる日本ベンチは守備的な采配を行なう。そしてその2分後、イラクに同点ゴールを浴びてしまった。

イラクの19番(マフディ・カミル)が、日本ゴールにボールを流し込もうとした最後の瞬間、酒井宏樹はその周辺にいたにもかかわらず、眺めているばかりで、足を伸ばすことができなかった。戦力になっていなかった。

「何が起きたのかよく分からない」とは、インタビューで失点シーンを問われたハリルホジッチの言葉だが、自らの選手交代の誤りが呼び水になっていたとは認識していない様子だった。追加点を狙いにいかず、どちらかと言えば後方で1点を守ろうとする守備的精神が先に立ち、ピッチの状況を見落とした罰が、同点ゴールという形になって表れた。僕にはそう見える。

次戦のオーストラリア戦(8月31日)は、ホーム戦ながら、これまでの対戦を振り返れば、勝利、敗北より、引き分けが最も順当な結果に思える。少なくとも、前回、メルボルンで対戦(1-1)した昨年10月より、日本の力は落ちている。昇り調子にはない。この試合で、”上がり馬”と目された唯一の期待である乾を生かすことをできなかったハリルホジッチも、頼りなげに映る。

「王手をかけた日本!」「次戦に勝てば6大会連続出場だ!」と、明るい声で伝える報道を耳にすると、悪い予感はいっそう膨らむのである。

(集英社 Sportiva web 6月14日掲載原稿)

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、W杯は82年スペイン大会以降9大会連続現地取材。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、「崩壊以後」(じっぴコンパクト新書・実業之日本社)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「攻撃的サッカー」(PHP新書)など。最新刊は「監督図鑑」〜世界と日本の現役サッカー監督176人のすべて~日本代表次期監督を探せ!!(廣済堂出版・2016年10月18日発売)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額540円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。