CLファイナル検証。全ゴールに決定的に関与したマイナスの折り返し

(写真:ロイター/アフロ)

決勝戦。決勝トーナメントに入り活躍が目立ったユベントスのダニ・アウベスは、中盤フラット型4-4-2の右サイドハーフに収まった。ユーベと言えば3-4-2-1(あるいは3-4-1-2)で戦うことが多いチームで、D・アウベスはその場合、4の右として出場したが、この決勝ではそれよりひとつ高い位置でプレイした。つまりその下には、右サイドバックのバルザーリがいた。

対するレアル・マドリーは、中盤ダイヤモンド型4-4-2。誰かが左サイドに流れてこない限り、サイドはサイドバック1人になる。左で言うならマルセロ1人。彼は攻撃参加が仕掛けにくい状況に置かれていた。

逆サイド(左)で、D・アウベスと同じサイドハーフのポジションを務めたのはマンジュキッチだ。1トップをこなすこともできる長身FWは、従来よりやや低い位置で起用された。その対面で構えるカルバハルの攻撃参加にプレッシャーを掛ける役割を担っていた、本来ならば。ところが、長身サイドハーフはその仕事をあまり積極的ではなかった。

27分に1-1とする同点ゴールを決めたことも、気持ちを前掛かりにさせた理由かもしれないが、カルバハルはこれで積極的に前に出て行くことができた。カルバハルはC・ロナウドが決めた先制点と3点目に関与していたので、その遠因は、マンジュキッチにあるといっても言いすぎではない。

ユーベは、右サイド対策には成功したが、左サイド対策には失敗。それが敗因に繋がった。C・ロナウドは同じパターンで2ゴールをもぎ取った。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年6月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2017年6月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ダントツのシーズン防御率。「2位とほぼ1点差」の投手や「リーグで1人だけ防御率X点台」宇根夏樹6/1(月) 7:00
  2. 2
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  3. 3
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00
  4. 4
    NBA3連覇を成し遂げたFWが語る「声なき黒人の死」林壮一6/1(月) 0:01
  5. 5
    四国からなでしこリーグ1部初参戦!「ボールを大切にする」サッカーで、“愛媛旋風”は巻き起こるか?松原渓6/1(月) 8:00
  6. 6
    ロナウド超えの移籍金で“損切り”…インテル、愛憎劇の末のイカルディ放出に「安堵のため息」中村大晃6/1(月) 17:33
  7. 7
    30球団で唯一ノーヒッター達成が一度もないのは◆兄弟最多勝の更新…【6月1日のMLB】宇根夏樹6/1(月) 6:30
  8. 8
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  9. 9
    「くノ一スタイル」が今年もなでしこリーグを盛り上げる。自粛下も“走力維持”でスタートダッシュを目指す松原渓5/31(日) 8:00
  10. 10
    日本バドミントン、ガイドライン策定で再始動へ 代表は19日から合宿平野貴也6/1(月) 7:00