CL決勝最大の見どころは、 レアルの左サイド対ユベントスの右サイド

ベンゼマ対グリーズマン(右)(写真:ロイター/アフロ)

惜しい試合だった。

0-3という第1戦の結果を受けて行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦。アトレティコ・マドリードは、前半16分までに2ゴールを奪い、通算スコアを2-3とした。試合は俄然、白熱。アウェーのレアル・マドリードは慌てた。逆転の目が低い0-3のスコアから、開始わずか12分で大接戦に一変。こんなはずではなかったと、パニックに陥っても不思議のない状況だった。

アトレティコは盛り上がった。しかし同時に色気も出た。もう1点奪えば振り出しに戻る。時間もたっぷりある。だが功を焦り、アウェーゴールを奪われては身も蓋もない。アウェーゴールルールに基づけば、1点を奪われれば、さらに3点必要になる。それは絶望的状況を意味する。勢いそのまま一気呵成に打って出ていくか。じっくり慎重な戦いに切替えるか。難しい判断を迫られることになったが、ディエゴ・シメオネ監督は手綱を引き、慎重な戦いを選択した。

慎重な戦いとは、高い位置からプレスを掛けるサッカーではない。それが相手にとって嫌な作戦である保証はなかった。実際それ以降、アトレティコの攻撃がおとなしくなるや、レアル・マドリードは平常心を回復。本来の力を発揮し始めた。

その結果が42分のカリム・ベンゼマの突破であり、そこから生まれたイスコのゴールだった。通算スコア2-4。勝負はこの瞬間、決した。通算2-3にした後、そのまま能天気に攻め込んでいった方がよかったのではないかと思うが、それは結果論と言うべきか。

慎重な姿勢が必ずしもディフェンス強化に繋がらないサッカー競技の特殊性と、アウェーゴールルール。アトレティコはそれぞれと正しく向き合うことができなかった。チャレンジャー精神を忘れ、馬鹿になりきることができなかった。

R・マドリードとアトレティコは、CLでは2013~14から4シーズン連続で対戦し、過去3度はすべてR・マドリードに軍配が上がっている。しかもすべて好勝負。決勝で対戦した2013~14は延長戦。2014~15は準々決勝での対決でロスタイムに決着。2015~16は再び決勝対戦となり、延長、PK戦だった。

まさにあと一歩。アトレティコが馬鹿になれない理由はよくわかる。だが、R・マドリードにとって怖いのは、馬鹿になった無欲のアトレティコだ。

R・マドリードを救ったのはベンゼマだった。ライン際で相手の守備者を置き去りにしながら深々とえぐり、マイナスに折り返したそのウイングプレー。称賛されるべきである。本格的ストライカーでありながら、ウイングプレーにも芸がある。

この日2トップを組んだクリスティアーノ・ロナウドもしかり、だ。ウイング兼ストライカー。ベイルが故障で欠場し、3トップが2トップに変わってもなんとかなってしまう理由は、彼らのFWとしての幅の広さにある。ドリブルで相手の逆を突くボール操作術である。真ん中しかできない単調なFWではないところがベンゼマの強みであり、今日的なFWとしてのあるべき姿だろう。アトレティコのアントワーヌ・グリーズマンも、ウイング兼ストライカーを代表する選手である。

さらに言えばリオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスにも、そのセンスがある。バルサでかつて、メッシの脇で左ウイングを務めたティエリ・アンリも、ウイング兼ストライカーだった。

そのアンリ2世の呼び声高いキリアン・ムバッペ。4-4-2で戦うモナコでは2トップの一角を占めるが、アンリのように左ウイングでプレーすることができていれば、ユベントスとの準決勝第2戦、前半終了時までに通算スコアを0-4(第1戦0-2)とされることはなかったのではないか。モナコの左サイドは結果的に第1戦同様、穴になった。

モナコはユーベの右サイドバック、ダニ・アウベスにMVP級の活躍を許した。前半33分、マリオ・マンジュキッチのゴールをアシストされ、その11分後には、彼本人にミドルシュートを叩き込まれた。

モナコは、4-4-2の左サイドハーフで背番号10をつけるベルナルド・シルバが真ん中に入ってしまったため、左サイドは左サイドバックのベンジャミン・メンディの1人になった。そのサイドにおける数的不利をD・アウベスに突かれた格好だ。

0-2という劣勢の中で、ゲームメーカー的センスを誇るB・シルバの能力を最大限発揮させようとしたわけだが、B・シルバがボールを触る時間は1試合せいぜい2、3分。そのメリットを、D・アウベスをフリーにするデメリットが相殺した結果がこの敗戦になる。モナコで一番期待できそうなムバッペを、バルサ時代のアンリのように、左ウイングでプレーさせるオプションがあれば、少なくとも2試合連続で活躍を演じたD・アウベスのプレーは抑制できたはずだ。

ユーベの生命線として活躍したD・アウベスは、決勝(6月3日、カーディフ)でも輝くことができるか。ユーベの右サイド対R・マドリードの左サイド。最大の見どころは、この攻防だ。

R・マドリードの左サイドバックはマルセロで、左ウイングはC・ロナウドだ。ベンゼマもそこに流れてくる。右より左からの攻撃に強さを見せるR・マドリード。D・アウベスにとっては厳しい環境だ。ユーベがそこでどんな対策を講じるか。決勝戦、一番の見どころはそこになる。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ダントツのシーズン防御率。「2位とほぼ1点差」の投手や「リーグで1人だけ防御率X点台」宇根夏樹6/1(月) 7:00
  2. 2
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  3. 3
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00
  4. 4
    NBA3連覇を成し遂げたFWが語る「声なき黒人の死」林壮一6/1(月) 0:01
  5. 5
    四国からなでしこリーグ1部初参戦!「ボールを大切にする」サッカーで、“愛媛旋風”は巻き起こるか?松原渓6/1(月) 8:00
  6. 6
    ロナウド超えの移籍金で“損切り”…インテル、愛憎劇の末のイカルディ放出に「安堵のため息」中村大晃6/1(月) 17:33
  7. 7
    30球団で唯一ノーヒッター達成が一度もないのは◆兄弟最多勝の更新…【6月1日のMLB】宇根夏樹6/1(月) 6:30
  8. 8
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  9. 9
    「くノ一スタイル」が今年もなでしこリーグを盛り上げる。自粛下も“走力維持”でスタートダッシュを目指す松原渓5/31(日) 8:00
  10. 10
    日本バドミントン、ガイドライン策定で再始動へ 代表は19日から合宿平野貴也6/1(月) 7:00