アイスランドとまさかのドロー。ポルトガルは優勝候補に推せるか?

グループリーグ第1戦の最終日に登場したポルトガル。ブックメーカーからは、フランス、ドイツ、スペイン、イングランド、ベルギーに続き、イタリア、クロアチアと同等の評価を受けていた。

ユーロでの過去の成績は、96年=ベスト8、00年=ベスト4、04年=準優勝、08年=ベスト8、12年=ベスト4。高位で安定した成績を収めているが、その割には低い評価である。

2014年ブラジルW杯における不振(グループリーグ落ち)がその根拠になっているのだろうが、「狙い目」とはこういうチームを指す。もし「買う」ならポルトガルだ――とは、大会前に触れ回っていたこちらの見解だが、その思いは大会が開幕しても衰えることはなかった。ポルトガルより高評価を得ていた国々が初戦で見せたサッカーが、軒並みイマイチだったからだ。ポルトガルにチャンスは到来しているのか?

従来からポルトガルが抱えている問題は、決定力不足だ。有能なセンターフォワード不在。クリスティアーノ・ロナウドが所属するレアル・マドリードを例に取れば、カリム・ベンゼマ不在。C・ロナウドをセンターフォワードで起用すれば、チャンスメイクがおろそかになる。そもそもDFを背にしたプレーをさほど得意にしていない。

4-2-3-1の3の左、あるいは4-3-「3」の「3」の左で起用すれば、彼は守備をほとんどしないので、穴を発生させることになる。事実、相手のサイドバックにこれまで何度となく攻撃参加を許してきた。C・ロナウドをどこで使うのか?

フェルナンド・サントス監督が導き出した答えは、中盤フラット型4-4-2の2トップの一角(もう1人はナニ)だった。C・ロナウドには、リオネル・メッシなど他のスーパースターにもありがちな、場所に縛られず、奔放に動きたがる癖がある。不動のエースを自負するポルトガル代表での場合、レアル・マドリードの時以上にその傾向は顕著になる。左サイドを任されても左サイドにいないことは頻繁だったが、2トップの一角ならば、どこに流れても大きな穴にはならない。

ポルトガルのバランスは、実際、とてもよかった。サンテチエンヌのスタンドは、吹田スタジアムをも凌ぐ急傾斜。ピッチを俯瞰するにはもってこいの構造だが、ポルトガルはその見晴らしに十分応える快適なサッカーをした。

まず目に付くのは、アンドレ・ゴメス、ジョアン・マリオの両サイドハーフの幅だ。2人は確実に開いているので、チームとしてパスコースが多くなる。相手の最終ラインの間隔も空く。そこをC・ロナウドが突く。その動きを強調すれば、布陣は中盤フラット型4-4-2というより、4-4-1-1になる。C・ロナウドは「1トップ下」というより「1トップ脇」だ。

すなわち1トップはナニになる。しかし彼は、前線に張って構えるセンターフォワードタイプではない。C・ロナウド同様、DFを背にしたプレーも得意ではない。サイドに開いて構えた方が、持ち味ははるかに発揮できる。

チーム全体のポジショニングのバランスは完璧に整っていたが、ポルトガルは攻撃のツメの部分で問題を残していた。いつものように。

相手のアイスランドは、真面目に頑張るチームではあるが、ポルトガルが敗れる姿を想像しにくい弱者だ。ポルトガルにバランスのよさ、展開力という武器があれば、問題なさそうな相手だ。

先制点はそうした中で生まれた。前半31分、右サイドバック、ビエイリーニャは軽快なパス交換でサイドを駆け抜け、その一つ内側(相手サイドバックとセンターバックの間)を走るアンドレ・ゴメスの鼻先にスルーパス的な縦パスを送った。バレンシア所属の22歳はそれを受けると鋭角に折り返す。ゴールニアサイドに走り込んでいたナニへのラストパスとした。

美しくも進歩的。こちらのポルトガル株は、この先制点でいっそう上昇した。追加点が生まれるのも時間の問題のように見えた。

どんな弱いチームでもチャンスは1試合に2、3回、訪れる。それがサッカーだと言われるが、この日のアイスランドも例外ではなかった。3度あったチャンスの1度目は開始3分。3度目は後半41分。そして2度目となった後半5分のシーンは、この試合で最もセンセーショナルな事件になった。

右サイドの深い位置に侵入したヨハン・グドムンドソンが切り返しを入れ、センタリングを送ると、ファーサイドでビルキル・ビャルナソンがフリーになっていた。

アイスランドの同点ゴールが決まった瞬間だが、この時、試合時間は40分強残されており、このままのスコアでタイムアップの笛を聞く可能性は低そうに思えた。それほど両者には歴然とした差が存在していた。

とはいえポルトガルに、思ったほど決定的チャンスは巡ってこなかった。本当に惜しいと思えるのは、GKの正面を突いたC・ロナウドのヘディングシュート(後半40分)ぐらい。バランスも、展開も上々だったにもかかわらず。

決定力不足。従来と同じ症状に泣いたわけだが、どこまで深刻に捉えるべきか、この試合の結果だけで判断するのは難しい。ポルトガルはそれに代わるプラスの要素も持ち合わせている。

ボールの収まるポストプレーが得意のセンターフォワードが1人いれば、文句なく優勝候補に推したくなるのだが……。今回もきれいで美しいが、勝ちにくいサッカーで終わるのか。

他の上位候補と同様、ポルトガルも初戦で株を上げることができなかった。絶対的本命不在。優勝争いはますます混沌としてきたが、ポルトガルを外すのは早計。僕の目にはそう映った。

(初出 集英社Web Sportiva 6月15日掲載原稿)

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。