Bリーグにやって来る俊才はどのチームでプレー? 22歳の榎本新作が最終目標を語る

写真提供:FIBA

榎本新作(米国名 アイザイア・マーフィー)

1998年4月10日生まれ 22歳 

身長194cm、体重86kg SG/SF

 沖縄県でアメリカ人の父、日本人の母の元に生まれる。その後、アラスカ州アンカレッジ、青森県三沢と移住し、高校2年からはアリゾナ州ツーソン在住。大学はピマ・コミュニティ・カレッジで2年を過ごした後、NCAAディビジョン2のイースタン・ニューメキシコ大に編入した。2017年にはアンダー19日本代表に初選出され、7月にエジプトで開催されたFIBA U-19ワールドカップに出場。今夏、再び日本に移住し、Bリーグ入りでプロデビューを予定する。馬場雄大と同じLivOn Global Sports Managementに所属している。

 インタビュー前編

 沖縄で生まれ、今はアメリカ在住 22歳の榎本新作がBリーグ入りを決意した理由

 

 *インタビューは電話で行われた

Bリーグ入りを前に、8チームが“争奪戦”

――今季、イースタン・ニューメキシコ大では26試合中24戦にスタメン出場し、平均8.3得点(FG成功率37.9%、3P31.2%、FT68.4%)、2.6リバウンド、1.4アシストという成績でした。自身のプレーをどう振り返りますか?

SE : 今季は厳しいシーズンになってしまいました。チームも(8勝19敗と)苦しみ、なかなか一丸になれませんでした。僕個人としてもリズムが掴めず、苦しいシーズンでした。そういった経緯から、今季終了後にはヘッドコーチが辞任することにもなったんです。

――学生でのプレーを終え、日本でBリーガーになることがすでに発表されています。コロナウイルスの影響で先を読むのが難しい状況ですが、日本にはだいたいいつ頃行く予定ですか?

SE : 当初はウィリアム・ジョーンズカップに向けた日本代表のトレーニングキャンプ(強化合宿)に参加するため、5月には日本に行く計画もあったんです。ただ、JBA(日本バスケットボール協会)の人たちと話した結果、6、7月に変更になりました。今後の状況次第ですが、今のところそのくらいの時期に日本に行き、シーズンに向けて準備するつもりでいます。

――Bリーグのどのチームでプレーするのかが気になるところですが、もう所属チームは決まっているんですか?

SE : いえ、実はまだ決まっていないんですよ。全部で8チームが僕との契約に興味を持ってくれていると聞いていますが、まだ決断には至っていません。

――生まれ故郷のチームである琉球ゴールデンキングスも候補の1つになりますか?

SE : いつか琉球でプレーできたら素晴らしいと思います。僕は沖縄生まれですから、故郷チームのプロ選手として活躍できたらすごいことですね。ただ、現時点では日本のどのチームでも構わないと思っています。

――自身のプレーの中で自信を持っているのはどの部分ですか?

SE : ディフェンスですね。守備でチームにインパクトを与えられる存在であることには誇りを持っています。自分の中でも重視している部分です。

――オフェンス面ではどうですか?

SE : オフェンスでは様々な形で貢献ができると思っています。シュートが打て、パスもできるので、プレーメーカーになれます。あえて言うならやはりシュートが最大の武器ですかね。あと、身体能力もある方だと思います(照れたように笑う)。

――逆に向上させなければいけない点は?

SE : ボールハンドリングですね。もっと練習し、ミスを少なくしなければいけません。

――ポジションはシューティングガード(SG)として登録されていますが、サイズ的にスモールフォワード(SF)でもプレーできそうですね。日本での希望ポジションは?

SE : はい、SFでもプレーできますよ。今の身長は6-5(約194cm)なので、SGかSFということになるでしょう。BリーグではできればSGとしてプレーし、シュート力を生かしたいと思っています。

東京五輪も目標の1つ

――幼少期に好きだったNBAプレイヤーは?

SE : 僕のフェイバリット・プレイヤーはコービー・ブライアントです。ずっとコービーの大ファンでした。

――コービーに関する思い出というと何が思い浮かびますか?

SE : 日本にいる時にアメリカのバスケの試合を観ようと思えば深夜に起きなければいけなかったんですが、三沢で過ごした中学生の頃、コービーを見たいがために夜中の2、3時に起きてたのを今でもよく覚えています。レイカーズとセルティックスのファイナルを食い入るように見たんです。

――自身のプレースタイルと似ていると感じるNBA選手は誰ですか?

SE : 頭に思い浮かぶのは2人。まずはジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)ですね。あとジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)と僕のプレーにも共通点があるなと思っています。

――アイザイアという名前はNBAレジェンドのアイザイア・トーマスにちなんでつけられたんですか?

SE : いえいえ、そうではありません。祖父の名前がアイザイアだったんですよ。アイザイア・トーマスにちなんだわけではありません。でも、そうだったらクールなことでしたね(笑)

――今年開催予定だった東京五輪はコロナの影響で来年に延期になりました。Bリーグで活躍すれば、五輪までに代表入りするチャンスはあると思いますか?

SE : それはもちろん僕の頭にあります。代理人ともよくオリンピックの話をしています。まずBリーグで活躍し、さらに向上し、僕には実力があると証明しなければいけません。やるべきことはたくさんありますが、代理人も僕にはチャンスがあると言ってくれています。その目標に向けて頑張りたいです。地元開催の五輪という大舞台で、日本を代表してプレーできたら凄い名誉ですよね。

――バスケットボール・プレイヤーとしての最終目標は?

SE : 自分にできる限り最高の選手になることです。毎日、向上し、持てる力をすべて発揮したいですね。その過程でお金も稼げるようになったら素晴らしいと思っています。

――再び日本での生活を始めることには不安もあると思いますが、楽しみにしていますか?

SE : 僕にとって、日本に行くのは“帰郷”のようなものです。かなり長い時間を過ごした国ですからね。また素晴らしい日々が待ち受けていると思っています。