そして新たな物語へ。『佐藤勝利 summer live 2017~VIC's sTORY~』

佐藤勝利の魅力は、涼やかな顔立ちからは想像できないほどの気持ちの熱さだ。真っすぐで、熱い。彼のソロ公演を観るたびにいつもそう感じるが、3年目のサマパラは、それを改めて印象付けるものだった。

Sexy Zone5名と内博貴、A.B.C-Z橋本良亮の7アーティストにより繰り広げられた夏の祭典『Summer Paradise 2017』。

「2年連続で『佐藤勝利 SUMMER LIVE』って何ひとつひねりもないタイトルで過ごさせていただいたので、今年こそはサブタイトルをつけようと思いまして。いろいろひねって思い浮かびました」と、公演前の囲み会見で話した佐藤。

「ビクトリー」と読ませると同時に、英語にするとVICTORYとなる自身の名前から『VIC’s sTORY』としたサブタイトル。「僕のストーリーというタイトルにしたので、僕の人生みたいなもの、僕がいろいろやってきたことがステージに現れるように」というように、自身の20年に意味を持つ楽曲の数々を取り入れ、映画をイメージしたスタイルで構成されている。

クラシックな映画のオープニングタイトルを思わせる幕開けに続き、1曲目は佐藤には珍しいバンドスタイルで楽しませる新曲『Sunshinesmile』というのも新鮮。HiHi Jetと東京B少年をバックにかずかずの楽曲を歌って踊るのはもちろん、得意のギターや主演映画『ハルチカ』で習得したホルンなど、楽器演奏も楽しませて、佐藤勝利の“現在”を提示するスタイルは健在だ。

曲中のセリフを初めて言った『Secret Agent Man』をはじめ、佐藤にとって大きな意味を持つ楽曲もふんだん。「Johnny’s Jewelry Jukebox」と題したコーナーでは、『サクラ咲ケ』を皮切りに、先輩13グループすべての楽曲をメドレーでたたみかけるなど、日本のアイドル史を彩ってきた先輩たちへの敬意に溢れた世界を繰りひろげる。メドレーのラストを飾ったSMAPの『Triangle』は初めて買ったCDということで、曲にまつわる両親との思い出やSMAPへの感謝の言葉がステージに映し出された。

テーマの提示やコンセプトを打ち出したあたりに、佐藤がアーティストとして新たな段階へと進んだことが感じられるコンサートだが、今回の大きな見どころは、やはり、佐藤勝利というアイドルを形づくってきた先輩たちの楽曲やジャニーズというものへの彼の想いだろう。

本編のラストに、映画のように “Fin”と映し出されたあとはアンコールなしという思い切りの良さも印象的だが、初日ということで公演終了後に特別に行われた挨拶も、彼のそうした想いをより印象づけるものになった。息を切らせながら、時に感極まって涙をこらえるシーンもあるなか、「ジャニーズは何があっても永遠ということを込めました」と話すその想いの熱さは、観る者の胸も熱くするほど。

本編ラスト、スクリーンに映し出された長いメッセージに「ほとんど直接的には表現していません。僕の悪い癖なんです。でも、ありのままじゃつまらないじゃないですか」という一節があったが、涙の背景を語らないのも佐藤の美学だろう。そして、そんな彼の気持ちの奥にあるものを推し量るのもファンの醍醐味。

「ジャニーズは僕たちSexy Zoneがこれから永遠にしていきます」と決意を口にした佐藤。スクリーンに映し出された「Fin」に続いて「but Begin」とあったように、Sexy Zoneの佐藤勝利を形づくってきたものと 彼の“現在”を提示したコンサートが、ここからが新たなストーリーの始まりだということを示していた。(8月10日17時公演:TOKYO DOME CITY HALL)

『佐藤勝利 summer live 2017~VIC’s sTORY~』8/10(木)17時公演セットリスト

M 1. Sunshinesmile(佐藤ソロ曲・新曲)

M 2. Black/White(佐藤ソロ曲)

M 3. まだ見ぬ景色(佐藤ソロ曲)

M 4. A MY GIRL FRIEND

  ダンスコーナー

M 5. まいったネ今夜(少年隊カバー曲)

M 6. Secret Agent Man(Secret Agentカバー曲)

M 7. Why ?(佐藤ソロ曲)

M 8. 好きだよ(佐藤ソロ曲)

   MC

M 9. Last winter’s night(佐藤ソロ曲)

M10. Dolphin(戸塚祥太カバー曲)

M11. INTERACTIONAL(堂本光一カバー曲)

M12. Loveless(山下智久カバー曲)

M13.サクラ咲ケ(嵐カバー曲)

M14. SUMMER TIME(NEWSカバー曲)

M15. FLY(Hey!Say!JUMPカバー曲)

M16. Vanilla(A.B.C-Zカバー曲)

M17. LOVE,HOLIDAY.(TOKIOカバー曲)

M18. 罪と夏(関ジャニ∞カバー曲)

M19. ホタル(KinKi Kidsカバー曲)

M20. will(V6カバー曲)

M21. THE D-MOTION(KAT-TUNカバー曲)

M22.テンション(Kis-My-Ft2カバー曲/HiHi Jet)

M23. 浪速一等賞!(ジャニーズWESTカバー曲/東京B少年)

M24. REAL DX(タッキー&翼カバー曲)

M25. Triangle(SMAPカバー曲)

M26. Kiss you good bye(佐藤ソロ曲)