静岡の桜、開花はいつ?記録的暖冬の影響は

写真は河津桜(先月19日、静岡県河津町にて筆者撮影)

先週土曜日(14日)東京では雪の降る寒さの中、過去最速でソメイヨシノが開花しました。となると、気になるのは静岡の開花はいつごろ?ということではないでしょうか。

静岡は桜大国ですから毎年年明けから土肥桜、あたみ桜、河津桜と様々な桜が私たちを楽しませてくれます。ことしはどの種類の桜も概ね例年より1週間以上開花が早かったようですが、果たしてソメイヨシノもその通りになるのでしょうか?

静岡の開花は東京の10日後?!

ウェザーマップさくら開花予想(16日発表、ウェザーマップ提供)
ウェザーマップさくら開花予想(16日発表、ウェザーマップ提供)
静岡の開花予想(16日発表、ウェザーマップ提供)
静岡の開花予想(16日発表、ウェザーマップ提供)

きょう(16日)ウェザーマップの桜の開花予想が更新されました。最新の予想では静岡の開花は3/24ごろ、満開は4/2ごろで、どちらもほぼ平年並みとなりそうです。

ソメイヨシノの標本木(16日 午後2時ごろ、静岡地方気象台にて筆者撮影)
ソメイヨシノの標本木(16日 午後2時ごろ、静岡地方気象台にて筆者撮影)

実際にきょう静岡のソメイヨシノの標本木(気象台が定めた開花の基準となる木)を見てきたところ、まだまだ茶色く固いつぼみが多く、今週中の開花は難しいと言える状況でした。このままいくと早くて来週前半といったところでしょうか。予想通り24日に開花したとしても、東京と比べると10日も遅いことになります。

静岡は暖かいのになぜ東京より遅いのか

桜の開花に重要なポイントの一つが「寒暖差」です。冬の間にある程度の寒さによる刺激がないと、桜のつぼみは目覚める(休眠打破)ことができず、つぼみの生長が鈍くなります。つまり暖かければいいというわけではないのです。この冬は全国的に記録的暖冬となりましたが、その中でも特に静岡は暖冬の影響が大きく(寒気の影響を受けることが少なく気温の高い日が多かった)、つぼみの生長が遅れているとみられます。

今週の暖かさに期待!早くも春本番の陽気に

この先の天気と気温(16日 午後5時ウェザーマップ発表)
この先の天気と気温(16日 午後5時ウェザーマップ発表)

開花にとっての重要なポイントのもう一つは「春先の暖かさ」で、今週はこちらに期待ができそうです。ここ数日は冬のような寒さが戻っていましたが、今週半ばからは気温がかなり高くなります。最高気温は20度くらいまで上がり、一か月先取りしたかのような4月半ばごろの暖かさが続きます。静岡の桜の開花は、この暖かさでどれくらいつぼみが膨らむかがカギとなりそうです。

【参考】

ウェザーマップさくら開花予想2020