日本の南の熱帯低気圧は、あす(25日)にも台風へと発達する見通しです。今週末は静岡県内にも影響が出るかもしれません。

熱帯低気圧は今後も北上?

26日午前9時予想天気図(提供:ウェザーマップ)
26日午前9時予想天気図(提供:ウェザーマップ)

あさって(26日)の予想天気図では、熱帯低気圧から変わるとみられる台風が東海地方の南に予想されています。台風は自分の力では進む方向を決められず、周囲の風に乗って進む性質があります。そのためこのままいくと、日本の東の太平洋高気圧の縁をまわる風に乗って北上を続け、静岡県など東日本の太平洋側に近づく恐れがあるのです。

東海地方の週間予報(気象庁 24日午後5時発表)
東海地方の週間予報(気象庁 24日午後5時発表)

それに伴い、週末の予報もきのうとは大きく変わってきました。今後も最新の気象情報を確認するようにして下さい。

きょう各地で梅雨明けも、東海地方は

静岡市内は夏のような青空(24日午後3時過ぎ、筆者撮影)
静岡市内は夏のような青空(24日午後3時過ぎ、筆者撮影)

きょう(24日)は、九州南部、九州北部、四国、近畿、北陸地方で続々と梅雨明けの発表がありました。一方、梅雨明けしなかった東海や関東甲信地方でもきょうは良く晴れ、最高気温が35℃以上の猛暑日となったところもありました。

24日 最高気温ランキング(午後7時20分現在、気象庁ホームページより筆者加工)
24日 最高気温ランキング(午後7時20分現在、気象庁ホームページより筆者加工)

これだけ暑いのにまだ梅雨明けしないの?と思った方もいたかもしれません。その東海地方の梅雨明けにも、南の熱帯低気圧が関係している可能性があります。きのうの記事にも記載しましたが、梅雨明けは梅雨前線の有無だけで決まるわけではありません。熱帯低気圧が近づくことにより週末は曇りや雨となることが予想されるため、東海地方のことしの梅雨明けは熱帯低気圧の動向を待ってからとなるかもしれません。