タイトル画像にある通り、あす8日(水)の関東地方は、冷たい雨と北風の影響により、正午の時点でも10度未満の水色の地域が広がっており、今季初めて最高気温がひと桁の真冬並みの寒さという所が多くなるかもしれません。

服装や体調管理にご注意下さい。

最高気温は今季初ひと桁か

時系列予報(ウェザーマップ)
時系列予報(ウェザーマップ)

東京都心の時系列予報をみると、あす8日(水)に日付が変わる頃には、すでに10度を下回る9度が予想されており、さらに午前6時に8度まで下がった後、日中にかけてもほとんど横ばいの8度程度が予想されています。日中の気温が8度程度というのはまさに1月下旬頃の真冬並みの寒さと言えます。

また北風も強く、平均して10メートル以上吹く所がありそうで、これに冷たい雨も加わるため、体感的にはもっと寒さを感じる一日となるでしょう。

東京都心の今季最も低かった最高気温はきのう6日(月)に記録した10.8度ですから、これよりも低く、今季初の10度未満となる予想です。

ちなみに東京都心で冬季に初めて最高気温が10度に届かない初10度未満となった日を過去10年調べてみると、以下の通りとなっています。

()内は最高気温と主な天気

2020年12月05日(7.7度、雨)

2019年11月29日(9.7度、快晴)

2018年12月10日(8.4度、曇り時々晴れ)

2017年12月08日(9.5度、曇りのち雨)

2016年11月24日(8.6度、雪やみぞれ)

2015年12月23日(8.6度、曇りのち雨)

2014年12月06日(9.8度、快晴)

2013年12月18日(8.8度、曇りのち雨)

2012年11月19日(9.9度、曇り一時雨)

2011年12月02日(7.4度、雨のち曇り)

初10度未満となる日は、日差しがあまりない上に降水現象を伴うことが多く、特に2016年11月24日は54年ぶりに11月の初雪が観測された日でした。

日付的には11月下旬から12月中旬くらいになることが多く、もしあす8日(水)に初10度未満となれば、特に早くもなく、遅くもないということが言えるでしょうか。

沿岸部を中心に朝には荒天のおそれ

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

あす8日(水)、雨が降り、寒くなるのは関東の南東海上で発生する低気圧の影響です。朝の通勤通学の時間帯には千葉県や茨城県の沿岸部を中心に北風が強まり、千葉県には暴風警報が出されるおそれが高くなっています。

全般に雨の降り方は、それほど強くはならない予想ですが、千葉県では大雨警報が出されるような降り方となるおそれがあるため、警戒を要します。

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

さらに低気圧の動きが遅いため、あす8日(水)の日中いっぱいは広い範囲で雨が降り、沿岸部では暴風が続くおそれがあるため、交通機関への影響などにも注意が必要です。

千葉県には、暴風や高波、大雨に関する情報が出されている他、山梨県には雪に関する情報が出されていますので、あわせてご注意下さい。