沖縄近海で熱帯低気圧が発生

雲の様子(ウェザーマップ)
雲の様子(ウェザーマップ)

きょう4日(水)午前3時、沖縄近海で新たな熱帯低気圧が発生しました。

南シナ海に発生している熱帯低気圧とともに、今後24時間以内に台風へと発達する見込みで、タイトル画像にある通り、本州付近へ向けて、進路を取る予想です。

また日本の南東海上にも別の熱帯低気圧が発生しており、こちらの熱帯低気圧は一足早く、あさって6日(金)頃には本州付近へ北上してくる可能性があります。合わせて注意が必要です。

では発生が予想されるダブル台風の予報円をみてみましょう。

五輪終盤に影響も

熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)
熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)

最新の熱帯低気圧情報(気象庁)

まず宮古島の南にある熱帯低気圧は台風となりつつ、あす5日(木)からあさって6日(金)にかけて、沖縄付近をゆっくりと東寄りに進むでしょう。

その後、予報円の真ん中を進むと、7日(土)から8日(日)にかけて、西日本の南海上を北東方向へ進み、9日(月)には東海地方の沿岸に進む予想です。

ただ予報円の大きさはかなり大きく、本州付近をスッポリと包み込むほどの大きさとなっているため、速度やコースなどはまだかなり不確実です。

早めに北東方向へ進めば、8日(日)朝にはすでに本州付近に到達している可能性もありますし、ゆっくりと日本の南を離れて通過する可能性もあります。

次々と襲来も

熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)
熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)

一方、南シナ海にある熱帯低気圧は、台風となった後、北東方向へ進み、7日(土)から8日(日)にかけて、東シナ海へ入ってくる予想です。

その後9日(月)にかけての予報円の大きさは、直径1000キロから1400キロとまた一段と大きくなっており、こちらもかなり不確実性が大きな状態です。

ただ最悪は2個の台風が週末から週明けにかけて、次々と本州付近に襲来してもおかしくない状況となっています。

極端には発達しない予想

海面水温と平年差(気象庁発表に筆者加工あり)
海面水温と平年差(気象庁発表に筆者加工あり)

このところ、日本近海でも、みるみる発達する台風がありますが、今回発生する2個の台風は、極端に発達することはないと思われます。

現在日本の南の海水温は、このところの熱帯低気圧の多発を受けて、広く平年より1度から2度程度低く、27度から28度程度の海域が広がっています。

平年より高い時は30度前後もありますから、それから比べれば、台風を発達させるポテンシャルはあまり高くはないと言えるでしょう。

とは言え、全く発達しないわけではなく、ゆるやかに発達しながら本州付近を指向する予想となっています。

週末から週明けにかけて、危険度がどれくらい高くなるのかなどは、進路や速度と合わせて、まだ不確実性がかなり大きな段階ですから、今後も最新の情報をチェックしていただきたいと思います。