今週末に関東へ接近も?

台風5号の予報円(ウェザーマップ)
台風5号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

きょう23日(水)午前9時、グアム島近海で台風5号が発生しました。

タイトル画像にある雲の様子では、真っ白な雲のかたまり、積乱雲が密集しているのが分かりますが、雲のスケールとしては比較的コンパクトで、風速15メートル以上の強風域も半径165キロと小さく、言い方は悪いかもしれませんが、小ぶりな台風だと言える感じです。

今後はやや発達しながら北上し、予報円の真ん中を通ると、27日(日)午前9時には北緯30度を越え、関東の南海上に達する予想です。その後は東寄りにカーブし、28日(月)には日本の東海上へ抜ける予想となっています。

27日(日)午前9時の予報円の大きさは、きのうの時点では半径700キロもありましたが、きょうの時点では半径430キロに狭まり、予報の誤差がやや小さくなってきました。

とは言え、まだ関東に最も近づくタイミングとしては、1日程度の誤差がありますし、予報円の西側を進むと伊豆諸島や関東にかなり近付くおそれがある一方、東側を進めばほとんど影響を受けない可能性もあるため、今後も常に最新の予報円をチェックして頂きたいと思います。

26日(土)は次第に梅雨前線の雨

雨雲の予想(ウェザーマップ)
雨雲の予想(ウェザーマップ)

雨雲の予想をみると、26日(土)は南海上に停滞している梅雨前線の雨雲が次第に北上し、午後には関東以西の太平洋側で雨が降り出す見込みです。

一方、南の海上からは台風5号に伴う、比較的コンパクトながら活発な雨雲が北上し、小笠原の西の海上に到達する見込みです。

27日(日)は大雨のおそれも

雨雲の予想(ウェザーマップ)
雨雲の予想(ウェザーマップ)

27日(日)になると、梅雨前線の雨雲が東日本や西日本にべったりと横たわり、南の海上からは台風5号の活発な雨雲がさらに北上し、北緯30度ラインを越えてくる見込みです。

最新の予報円では、台風5号はこのあたりから東寄りにカーブをし、台風本体に伴う活発な雨雲は主に海上を通過する可能性が高いと思われますが、それでも台風5号からの暖湿気が梅雨前線を活発化させ、関東などで大雨となるおそれがあります。

また予報円の西側を台風5号が北上すれば、活発な雨雲もストレイトに関東などへかかってくる可能性があり、この場合はさらに雨量が増えることになるでしょう。

さらに進路次第ですが、伊豆諸島や関東の沿岸部などでは、強風や高波にも注意が必要となりそうです。

今後も最新の台風情報にご注意下さい。