まるで梅雨のような東京都心、暑かった5月が一転、記録的な低温と日照不足に

17日と22日の雲の様子(ウェザーマップ)

関東~東北は曇雨天、東京都心は記録的低温と日照不足

推計気象分布(ウェザーマップ)
推計気象分布(ウェザーマップ)

きょう22日(金)も、関東~東北にかけて曇りや雨が続いており、気温も低く、まるで梅雨に入ってしまったかのような天気が続いています。

東京都心に関してみてみると、青空が広がったのは、タイトル画像にもある通り、今週初めの17日(日)。

強い日差しで最高気温も28.2℃まで上がり、この時点では5月に入ってからの夏日(25℃以上)の日数はすでに11日に達しており、5月一か月分の平年値9.3日を上回って、記録的に夏日の多い5月となっていました。

ところがもと台風1号の湿った空気を吸収した低気圧の影響で、18日(月)~19日(火)にかけて雨となった後、オホーツク海高気圧や上空の寒気の影響で全く晴れておらず、きょう22日(金)も最高気温は夕方に観測した18.1℃で、これで4日連続で20℃未満となっており、しかも日照時間は5日連続で0時間と、全くない状態が続いています。

12年ぶりの低温と42年ぶりの日照不足

東京都心のデータ(気象庁発表資料を抜粋加工)
東京都心のデータ(気象庁発表資料を抜粋加工)

東京都心の5月のデータを調べてみると、4日以上連続で最高気温が20℃未満となるのは、上図の通り、2008年5月10日~14日にかけて記録した5日連続以来、12年ぶりとなります。

さらに5月に5日以上連続で日照時間がゼロとなるのは、1978年5月6日~11日にかけて記録した6日連続以来、実に42年ぶりのこととなります。

文字通り、先週までの暑かった5月から一転、今週に入り記録的な低温と日照不足に陥ったことが分かります。

ちなみに昭和以前は5月に一週間以上連続で最高気温が20℃未満となるのは何度もあり、1929年(昭和4年)には5月3日~16日まで、14日連続を記録したこともあります。

週末以降は、低温も日照不足も解消へ

東京都心の16日予報(ウェザーマップ)
東京都心の16日予報(ウェザーマップ)

今後の予想ですが、あす23日(土)になると、まだ曇雨天傾向ではあるものの、気温は徐々に上がり、今のところ最高気温は21℃と5日ぶりになんとか20℃を超える予想です。

またあさって24日(日)になると、晴れ間も広がる予想で、もしあすまで6日連続日照時間がゼロの状態が続いたとしても、あさってにはこの記録にも終止符が打たれることとなりそうです。

換気日和と洗濯日和が戻ってくるまでもうしばらくの辛抱です。

*日照時間と最高気温が確定した午後6時半に加筆、修正あり