もと台風1号の暖湿気で大雨、関東は火曜日の朝がピークに

火曜日の予想天気図(ウェザーマップ)

もと台風1号の暖湿気も加わり、西日本で大雨に

18日(月)正午の天気図(ウェザーマップ)
18日(月)正午の天気図(ウェザーマップ)

きょうは台風1号から変わった熱帯低気圧が沖縄付近を進んでおり、これを含む暖湿気が本州付近の前線に流れ込んでいるため、前線の活動が活発となっており、西日本で大雨となっています。

九州や四国では所々で1時間に30ミリ以上の激しい雨が降っており、午後5時現在、大雨警報や土砂災害警戒情報の出されている所もあります。

今後熱帯低気圧は消滅しますが、この暖湿気を受けて発生した低気圧が本州の南岸に沿って進み、タイトル画像にある通り、あす火曜日の午前中に東海から関東の沿岸を通過する見込みです。

このため、今夜からあす火曜日にかけて活発な雨雲も東進し、関東はあすの朝に雨がピークとなるでしょう。風も強まるため、沿岸部を中心に、注意、警戒が必要です。

火曜日明け方は近畿や東海でピークに

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

火曜日午前3時には、熱帯低気圧からの暖湿気を受けて発生した低気圧が紀伊半島付近に差し掛かる予想です。

このため、紀伊半島を中心に、近畿から東海にかけて荒天がピークとなり、雨や風が強まるでしょう。関東もすでに大きな雨雲にすっぽりと覆われて、広く本降りとなりそうです。

火曜日朝は東海、関東、伊豆諸島でピークに

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

火曜日午前6時には、低気圧が紀伊半島の東へ抜ける予想で、近畿の大雨は峠を越えますが、東海はピークが続き、この頃から関東もピークに入るものと思われます。

なお、伊豆諸島には一段と活発な雨雲がかかり、低気圧に向かう南寄りの風もかなり強まるため、大荒れとなるおそれがあります。

火曜日昼前まで関東は要注意

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

火曜日午前9時には、低気圧が東海の沿岸を進んでいるため、引き続き、関東や伊豆諸島で雨や風が強まっている予想です。

関東の沿岸部でも昼前にかけて、強い風を伴い、横殴りの降り方をする所があるかもしれません。

また東北の太平洋側でも雨や風が強まるでしょう。

火曜日昼には関東でも峠を越える

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

火曜日正午になると、低気圧が関東の東へ抜けるため、関東の雨はほぼ峠を越えますが、沿岸部では、まだ強い風に要注意です。

一方、東北の太平洋側では雨や風の強い状態が続く見込みです。

気象庁が発表した防災情報によると、あす火曜日夕方までの予想雨量は、多い所で、四国東海伊豆諸島で150ミリ、近畿で120ミリ、関東で100ミリの予想で、雷を伴った激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降り大雨となるでしょう。

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要で、落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。