東京はあす金曜日にも桜開花か?しかし土曜日は一転凍える寒さに要注意

東京靖国神社の桜の標本木(12日午前9時ウェザーマップ)

関東甲信は金曜から土曜に気温が急降下

午後2時の気温予想(ウェザーマップ)
午後2時の気温予想(ウェザーマップ)

関東甲信はあす13日(金)に一段と気温が上昇し、広い範囲で15℃を大きく上回る4月上旬から中旬並みの暖かさとなるでしょう。

東京の桜(ソメイヨシノ)は、きょうの段階で、まだ1輪咲となっており、開花の基準5~6輪には至っていませんが、あすは18℃まで上がる予想で、早ければあすにも開花の発表があるかもしれません

もしあす開花すれば過去の最早記録(3月16日)より3日も早く、まさに記録的な早さでの開花ということになります。

ところが、あさって14日(土)には一転して大きく気温が下がり、午後2時の段階で5℃前後の予想となっています。前日から一転して10℃以上も下がる予想ですが、これは降水域が広がり、冷たい雨が降るからです。

凍える寒さのホワイトデー?

14日(土)の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
14日(土)の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

あさって14日(土)は日本の南を低気圧が東進する予想です。

この影響で、太平洋側では雨となりそうなのですが、北から寒気の流れ込む関東甲信は、朝から雨が降り出すとともに気温が日中にかけてどんどん下がり、昼過ぎにかけて5℃前後まで下がる計算となっています。

さすがに平野部では雪が混じるようなことはないと思いますが、それでも吐く息が真っ白となるような凍える寒さとなるかもしれません。

東京都心は、このところ暖かなホワイトデーが多い中で、4年前に冷たい雨が降り、凍える寒さのホワイトデーがありましたが、まさにこの4年前と同じような状況のホワイトデーとなる予想です。

前日からの気温の急降下に十分な注意が必要です。

なお、長野や山梨、関東北部の山沿いなどではみぞれや雪となる所もあるでしょう。

週明けにかけて、寒の戻り

上空の寒気予想(ウェザーマップ)
上空の寒気予想(ウェザーマップ)

上空の寒気の予想をみると、冷たい雨の降る土曜日よりも、むしろ日曜日から月曜日にかけて、上空には真冬並みの強い寒気が到来する予想です。

この影響で、大気の状態が不安定となるため、関東平野部でも所々でにわか雨の可能性があり、寒気も強いことから、もしかしたら雪やあられ、ひょうなどが混じって降る所があるかもしれません。

また月曜日は冬型の気圧配置が強まるため、日本海側で真冬を思わせるような吹雪となるおそれがあります。

週明けにかけての上空寒気の通過に注意が必要です。