関東甲信地方、火曜日の朝まで雪に注意、東京23区も積雪予想に

月曜日夜の予想天気図(ウェザーマップ)

月曜日の帰宅時間には積雪が始まる

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

関東甲信地方の雪に関する最新の見解ですが、きのう夕方の時点とあまり変わっていません。

早ければ月曜日の昼過ぎに長野南部や山梨などで雪が降り出し、夕方から夜にかけての帰宅時間には関東地方まで大きく広がってくるでしょう。

山沿いや山間部はもちろん、八王子、熊谷、前橋、宇都宮などでも雪になる可能性が高く、今夜遅くにかけて、都市部でも積もる所が出てきそうです。

群馬や埼玉、山梨、長野では大雪警報が発表される可能性が高くなっています。

一方、東京都心や横浜などは雨やみぞれが主体となる予想ですが、東京23区の西側(練馬、杉並、世田谷など)あたりでは雪が主体で降る可能性があります。

雪のピークは火曜日未明から明け方頃

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

寒気の流れ込みなどから雪のピークは火曜日の明け方頃までとなりそうです。

上記の予想では、東京23区や横浜などは雨の予想ですが、少しでも気温が下振れすれば雪で降り、東京都心部でも積雪する可能性があるものと思われます。

火曜日の朝以降は平野部で雨に

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

火曜日の朝には上空の寒気はだいぶ衰弱する予想で、八王子、前橋、宇都宮などの内陸でも雪から雨に変わる所が多くなるでしょう。

ただ標高が500メートル以上ある所では、日中にかけても雪が主体で降るおそれがあり、さらに積雪が増える所もありそうです。

24時間の予想降雪量は?

24時間予想降雪量(ウェザーマップ)
24時間予想降雪量(ウェザーマップ)

コンピュータによる月曜日正午から火曜日正午までの24時間の予想降雪量は上図の通りで、山沿いを中心に降雪が増える見込みです。

平野部では特に多くの降雪は予想されていませんが、気温が1℃でも下振れすれば、一気に降雪ゾーンが広がるおそれがあり、油断は出来ません。

気象庁が関東甲信地方に発表した情報によると、火曜日朝までの予想降雪量は、多い所で、山梨、長野30センチ、関東北部20センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて20センチ、関東南部の平野部5センチ、また東京23区でも1センチとなっており、多摩に近い地域ほど白くなる可能性があります。

さらに気象庁の府県情報ではもっと詳細に出されており、東京埼玉神奈川群馬栃木茨城山梨長野の情報も参考にして下さい。

火曜日の帰宅時間は一転、横殴りの雨に注意

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

雪は火曜日の朝にはほぼ終息する見通しですが、低気圧が接近する火曜日夜の帰宅時間は活発な雨雲が流れ込み、ザーザー降りの雨となる所があるでしょう。

特に千葉や茨城などの沿岸部では東寄りの風がかなり強く吹くため、横殴りの降り方となるかもしれません。

火曜日の夜は強風(暴風)で交通機関に影響が出るおそれもあるため、併せてご注意下さい。