センター試験1日目、関東甲信の土曜日朝の雪の状況は?

西新宿の雪(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

南岸低気圧に上空寒気で雪パターン

土曜日の予想天気図(ウェザーマップ)
土曜日の予想天気図(ウェザーマップ)

南海上を通る南岸低気圧の影響で、あす金曜日夜からあさって土曜日朝にかけて、関東甲信地方で雨か雪が予想されています。

今回、関東上空には、降れば、平野部でもみぞれや雪となるような比較的強い寒気が流入しますので、最大のポイントは、どれくらい降水域が内陸へ広がり、どれくらいの降水量になるのかを予想することです。

内陸へ降水域が拡大し、降水量が増えれば、その分、内陸の上空で冷えた空気が地表付近へ下がり、東京都心などへも流れ込むため、平野部でも比較的広い範囲で雪が降る可能性があります。

一方、上空に寒気があっても、降水が弱ければ、地上の気温があまり下がらないため、雪は混じっても、積雪に至るようなことはほとんどありません。

では今回はどうでしょうか?

実はまだ予想がやや定まっていない状況です。

最悪は都心部でもうっすら雪化粧?

土曜日午前7時の雨や雪予想(ウェザーマップ)
土曜日午前7時の雨や雪予想(ウェザーマップ)

上図に示したように、比較的降水量が増えるパターンがA。

降り出しは金曜日の夜からですが、土曜日の朝の段階でも、まだ都内を含めて雪が予想されており、こうなると、ある程度の積雪に至ることも想定内となり、朝の交通機関にも影響が出る可能性があります。

一方、Bパターンの方は、降水域があまり広がらず、降水量も少ないパターンで、土曜日の朝の段階で、千葉県で雨が降っている他は、すでに止んでいる状態です。

どちらのパターンに近づくかはまだはっきりしないのですが、もしAパターンの性質が強くなれば、土曜日朝の状況に大きな影響が出るかもしれません。

きょう午後4時過ぎ、関東甲信に大雪に関する情報が出されました。

最新情報にご注意下さい。