関東甲信は、今週2度の雪の可能性?

水曜日朝にかけて南岸低気圧(ウェザーマップ)

関東上空1500メートルに0℃線

タイトル画像にもある通り、あす水曜日の朝にかけて、前線を伴った低気圧が関東の南岸付近を通過する見込みです。

上空1500メートル付近の気温の予想をみると、0℃以下の寒気が関東付近にあり、これは内陸の標高の高い所や山沿いでみぞれや雪になる可能性が高い寒気と言えます。

一方、東京都心など平野部では冷たい雨の可能性が高いものの、もっと低いところ(最下層)にさらに強い寒気が入れば、雪になることもあるため、侮ることの出来ない寒気とも言えます。

では今回はどうなのか?雨や雪の予想をみてみましょう。

1度目の雪は水曜日の未明から降り出す

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

あす水曜日に日付が変わる頃から長野県や山梨県、静岡県の山沿いで雪が降り始める予想で、未明には東京奥多摩や埼玉秩父地方などでも、弱い雪がちらつき始める予想です。

明け方には広く降水域

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

その後、明け方にかけて、一気に降水域が関東平野にも広がり、奥日光やみなかみ、秩父、河口湖などでは雪となる予想です。

また八王子、前橋、宇都宮など、内陸の都市部でも雪が混じり、みぞれとなるかもしれません。

一方、東京都心、さいたま、横浜などでは冷たい雨となるでしょう。

朝の通勤時間帯まで雨や雪

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

その後、午前7時か午前8時頃まで同じような状況が続きそうです。

昼前までには止む

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

ただ雨や雪は長くは続かず、午前9時の段階では、ほぼ降水が終わる予想です。

今回、雪になるのは主に標高が500メートル以上の山沿いで、降る時間も比較的短いため、雪に関する情報は特に気象庁からは出されていません。

ただ富士五湖や奥多摩などでは、最大5センチ程度の降雪が計算されていますので、山沿いでは路面の状態などに注意が必要です。

2度目の雪は金曜日から土曜日にかけて、センター試験に影響も?

金曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
金曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

今週、2度目の雪の可能性があるのは金曜日から土曜日にかけてです。

金曜日午後6時の雨や雪の予想をみると、低気圧が東海沖を東進し、これに伴う降水域が近畿から甲信地方を中心に広がっています。

東京都心にもこのあと降水域がかかり、今のところ、土曜日の午前中にかけて、関東甲信地方で降水が続く計算です。

上空1500メートル付近の寒気は、あすよりも2℃~3℃位低い予想で、関東平野部では、あすよりも金曜日から土曜日の方がみぞれもしくは雪になる可能性がやや高くなるものと思われます。

とは言っても、まだ3日~4日先の予想で、まだまだかなりブレがある状態です。

ただもし降水量が増えて、寒気が強まれば、翌日のセンター試験初日の交通機関にも影響する可能性が考えられますので、今後も最新の状況を確認して頂きたいと思います。