土曜日は東京都心で初雪か?凍える寒さに十分注意

都心の雪(写真:YUTAKA/アフロ)

寒気が南下したところに前線が接近

金曜日午後9時の天気図と寒気予想(ウェザーマップ)
金曜日午後9時の天気図と寒気予想(ウェザーマップ)

北日本に強い寒気が流れ込み、大雪となっている所がある一方、関東地方は比較的暖かな陽気が続き、きょうも東京都心では15℃位まで上がる予想です。

しかし、あす金曜日になると北日本の寒気が関東へも南下し、一気に空気が冷たくなるでしょう。

金曜日午後9時の上空の寒気の予想をみると、降れば雪になる可能性の高い上空1500メートル付近で-3℃のラインが本州の南岸まで南下し、東京都心を含め、関東地方もすっぽりとこの寒気の中に入ります。

こんなところに、沖縄付近には前線が発生し北上するほか、関東の南にも小さな低気圧(風のシアー)が隠れている状況となります。

寒気が南下したところに降水域が北上へ

金曜日午後9時の降水予想(ウェザーマップ)
金曜日午後9時の降水予想(ウェザーマップ)

金曜日午後9時の予想では、前線に伴う降水域が沖縄付近に大きく広がっており、また関東の南岸付近にも、このあと弱いながら雨雲が発生し、ともに土曜日にかけてまとまりながら陸地にかかってくる予想です。

土曜日になると寒気はゆっくり北上しますので、この逃げ行く寒気と北上する雨雲のタイミング(兼ね合い)次第で、関東地方の雪の可能性にも変化がありそうですが、最新の予想では以下のようになっています。

土曜日の朝は東京都心で初雪か?

土曜日朝の雪や雨の予想(ウェザーマップ)
土曜日朝の雪や雨の予想(ウェザーマップ)

土曜日の明け方には伊豆半島に降水域がかかりはじめ、朝には関東南部にも広がる予想です。

最も気温が下がる朝のタイミングで降り出し、しかも降り始めは湿度が低めなので、広い範囲で降雪が予想されています。

東京都心に関しては、朝の気温が4℃~5℃程度ありますが、湿度は50%台の予想で、やはり降り始めは雪になるのではないかという予想になっています。

ただし、気温がもう少し高かったり、湿度が上昇すれば雨の条件に変わりますので、誤差も含めて、初雪の可能性は五分五分程度ではないかとみています。

もし東京都心で初雪を観測すれば、平年(1月3日)より1か月近く早く、昨シーズン(1月12日)よりも1か月以上も早い初雪となります。

昼は山沿いで雪、平野では冷たい雨やみぞれ

土曜日昼前後の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
土曜日昼前後の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

土曜日の日中になると、東京都心など平野部では冷たい雨やみぞれが主体となる予想ですが、気温は5℃以下で推移し、計算によっては3℃以下のまま上がらない予想も出ています。

雪ではなく、冷たい雨で降ったとしても、日中にかけて、凍える寒さが続く予想です。

また東京の奥多摩や神奈川の丹沢、山梨など、標高が500メートル以上のところでは雪で降り続き、数センチの積雪となる可能性があります。

夜にかけて続く

土曜日夕方から夜の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
土曜日夕方から夜の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

土曜日の夕方から夜にかけても、同じように、山沿いでは雪、平野部では冷たい雨、もしくは雪が混じったままで推移する所が多くなる計算です。

今のところ、積雪の可能性があるのは山沿いだけだと思われますが、降水量が増え、気温の落ち込みが顕著になった場合は、埼玉などの平野部でもうっすらとくる可能性も考えられます。

今後も最新の予報にご注意下さい。