火曜日は冷たい雨、被災地も注意

秋雨前線の雲は南海上(28日午前9時ウェザーマップ)

きょう月曜日は全国で晴天

9時の推計気象分布(ウェザーマップ)
9時の推計気象分布(ウェザーマップ)

きょうは移動性の高気圧に覆われて全国的に晴れている所が多くなっています。

ところがタイトル画像をみても分かる通り、本州のすぐ南の海上には、秋雨前線に伴う雨雲の帯がべったりと東西に横たわっています。

この雨雲があす火曜日には本州付近へ大きく盛り上がり、関東や東北などでも冷たい雨となりそうです。

大雨になることはありませんが、被災地では注意が必要です。

火曜日は朝から降り出す

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

火曜日の朝にはもう関東から紀伊半島に雨雲がかかり始めており、所々で雨となるでしょう。ただ強く降ったり、風が強まるような心配はなさそうです。

ピークは昼から夕方

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

昼から夕方にかけては、秋雨前線上の低気圧が南の海上を進むため、伊豆諸島では雨や風が強まる心配があり、横殴りの降り方をするおそれがあります。

一方、関東もこの頃が雨のピークとなり、しっかりとした降り方になる所も多いでしょう。

千葉県でもやや本降りの雨となる心配がありますが、多量の暖湿気は伊豆諸島止まりですから、先週末のような激しい(猛烈な)降り方をするおそれはまずないと考えられます。

しかし気温はほとんど上がらず、午後も15℃前後で推移しそうですから、冷たい雨となるでしょう。

また夕方には福島や宮城など、東北でも次第に雨となりそうです。

夜には止みそう

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

そして夜になると、低気圧が東の海上へ抜けるとともに関東での雨のピークは終わり、午後6時以降は次第に止んでくる見込みです。

ただ湿った南東風が吹き付ける東北の太平洋側では、午後9時頃まで本降りの雨の所がありそうです。

総雨量は10ミリ~20ミリ程度か

火曜日の雨量予想(ウェザーマップ)
火曜日の雨量予想(ウェザーマップ)

火曜日0時から午後9時までの総雨量の計算では、東北から紀伊半島にかけて、10ミリ~20ミリ程度の雨量予想となっています。

これまでのように多大な雨を降らせる暖湿気はもう北上せず、本州付近で大雨となるおそれはほとんどありませんが、度重なる大雨により、堤防が脆弱になっている河川や地盤の緩んでいる所では、少ない雨でも災害に結び付く可能性がありますので、引き続き、注意が必要です。