夕方にかけて首都圏で大雨のおそれ。低い土地の浸水や土砂災害などに警戒。

活発な雨雲が首都圏に(ウェザーマップ)

熱帯性の低気圧が接近へ

天気図の変化(ウェザーマップ)
天気図の変化(ウェザーマップ)

南の海上から活発な雨雲が関東へ北上してきています。

昨夜午後9時の天気図をみると赤丸の中に熱帯低気圧がありましたが、これはきょう午前3時の天気図では消滅しました。

ところがこの熱帯低気圧周辺にあった極めて暖かく湿った空気が北上し、伊豆諸島付近で新たな低気圧が発生しました。

見た目は前線を伴った普通の低気圧に見えますが、かなりの暖湿気を伴っていますので、性質上は熱帯低気圧に近い低気圧ととらえることも出来るでしょう。

けさは千葉県を含め、関東の所々で雨脚が強まっていますが、これからこの低気圧が関東沿岸を通過していくため、日中にかけて、首都圏では大雨となるおそれがあり、強風を伴う荒天となりそうです。

午前中は東京都心でも土砂降りか

月曜日午前中の雨や風の予想(ウェザーマップ)
月曜日午前中の雨や風の予想(ウェザーマップ)

月曜日の昼頃にかけて、一段と活発な雨雲が襲来し北上するため、千葉県を中心に東京都心でも雨脚が強まり、1時間に50ミリ以上の雷を伴った非常に激しい雨の降る所があるでしょう。雨雲の発達次第では、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれもあります。

また沿岸部を中心に平均10メートル以上の強風を伴い、瞬間的には20メートル以上の突風を伴う所もありそうで、傘が役に立たないような横殴りの降り方をするかもしれません。

台風15号で大きな被害の出た千葉県を中心に、大雨や強風に伴う新たな災害、被害の発生に十分な警戒が必要です。

午後は関東北部へ雨雲が北上

午後の雨や風の予想(ウェザーマップ)
午後の雨や風の予想(ウェザーマップ)

月曜日の午後になると活発な雨雲は関東北部へ移動する予想で、茨城県や栃木県などでも雨や風が強まる心配があります。

関東では夕方頃まで、東北南部は今夜にかけて、大雨や強風などに警戒が必要です。

水曜日も再びまとまった雨か

水曜日の雨雲予想(ウェザーマップ)
水曜日の雨雲予想(ウェザーマップ)

あす火曜日は首都圏でも晴れる所が多くなりますが、あさって水曜日になると秋雨前線が北上し、再び広い範囲で雨となる予想です。

雨脚が強まるおそれもあり、引き続き、注意が必要です。