新たな熱帯低気圧が発生し関東に接近へ。千葉県で大雨や強風のおそれ。

熱帯低気圧に変わる予想の雲(ウェザーマップ)

熱帯低気圧が発生し、関東へ向け北上

予想天気図(ウェザーマップ)
予想天気図(ウェザーマップ)

フィリピンの東を北上し、台風16号になるのではないかと思われた熱帯低気圧は、その後顕著な発達傾向が見られなかったことから、気象庁は昨夜(金曜日)台風にはならない見通しとの情報を発表しました。

ところがタイトル画像で分かる通り、小笠原近海で別の雨雲が時間とともにまとまってきており、このあたりで間もなく新たな熱帯低気圧が発生し、北西方向へ進む見通しです。

日曜日から月曜日にかけての予想天気図をみると、日本の南には台風16号にならなかった大きな低圧部があり、この北東側に小さいながら熱帯低気圧が発生して、関東のすぐ近くへ北上する見込みです。

関東付近にある前線の活動も活発となるため、特に千葉県で雨脚が強まり、顕著な大雨となるおそれがあります。

千葉県中心に大雨や強風に警戒を

日曜日午後6時の雨と風の予想(ウェザーマップ)
日曜日午後6時の雨と風の予想(ウェザーマップ)

日曜日午後6時の雨や風の予想をみると、八丈島近海に熱帯低気圧が進んできているとみられ、平均16メートル以上の強風に加えて、伊豆諸島には活発な雨雲がかかり始めています。

月曜日午前0時の雨と風の予想(ウェザーマップ)
月曜日午前0時の雨と風の予想(ウェザーマップ)

その後夜遅くなるにつれて、熱帯低気圧が関東の南岸に近付くため、関東南部で広く雨となり、特に千葉県では雷を伴った激しい雨の降る所が出てくるでしょう。

風も強まりそうで、横殴りの降り方をする所もありそうです。

月曜日午前6時の雨と風の予想(ウェザーマップ)
月曜日午前6時の雨と風の予想(ウェザーマップ)

関東での雨や風のピークは月曜日の朝までとみられ、千葉県では沿岸部を中心に非常に活発な雨雲が通過するとともに、小さいながら平均20メートル以上の非常に強い風の領域も通過する予想です。

最大風速が約17.2メートル以上で台風となりますので、可能性は低いものの、もしかしたら台風に姿を変えながら、伊豆諸島、あるいは関東の沿岸部を通過する可能性も考えられます。

月曜日正午の雨と風の予想(ウェザーマップ)
月曜日正午の雨と風の予想(ウェザーマップ)

月曜日の昼になると、熱帯低気圧(あるいは台風)の活発な雨雲や強い風の領域は関東の東へ抜ける予想です。

千葉県では最大100ミリから150ミリ、あるいはそれ以上の総雨量となるおそれもありそうで、強い風も吹き荒れるかもしれません。

先日、台風15号で被害にあわれた方は、この雨や風による二次災害にくれぐれもお気を付けください。

また上記の予想は、きょう昼時点の予想であり、熱帯低気圧(あるいは台風)の進路や速さなどにより、大雨の範囲やタイミングがずれる可能性も十分に考えられますので、引き続き、最新情報にご注意下さい。