台風16号が発生し、3連休に日本の南へ?

巨大な熱帯低気圧の雲渦(ウェザーマップ)

台風16号が発生し、北西進

天気図の変化(ウェザーマップ)
天気図の変化(ウェザーマップ)

フィリピンの東にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風へ発達する見込みという情報が気象庁から発表されています。

24時間以内ということですが、あす木曜日午前9時の予想天気図ではすでに台風が発生している予想で、首都圏を直撃した台風15号に次ぐものですから、発生すれば台風16号ということになるでしょう。

そして徐々に勢力を強めながら北西方向へ進み、あさって金曜日の午前9時には北緯20度線を越えて、日本の南へ進む予想です。

発生当初から大きな台風に

発生するであろう台風16号と台風15号(ウェザーマップ)
発生するであろう台風16号と台風15号(ウェザーマップ)

現在フィリピンの東にある熱帯低気圧は比較的コンパクトだった台風15号とは比較にならないほどの巨大な渦循環を伴っており、その大きさは東西約2000キロにも及んでいます。

台風15号と今後発生が予想される台風16号の姿を天気図で比べてみると、雲泥の差があります。

台風15号のようにコンパクトであっても、とてつもなく強い勢力の台風もありますので、どちらが危ないということではありませんが、大きな台風であれば、それだけ広範囲に長時間、影響を及ぼす可能性があることは確かです。

3連休の動向は?

ECMWFの予想
ECMWFの予想

参考までに、3連休にかけて、台風16号と思われる低気圧の予想をECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の計算で見てみると、ゆっくりと北上し、沖縄本島付近へ達する見込みです。

ただ月曜日頃の位置や強さには様々な計算があり、早ければ本州付近へ到達しているもの、遅ければ沖縄の南であまり動かないもの、あるいは日本の東へ抜けているものなど、非常にばらつています。

というのも週末以降は台風を流す明瞭な風が日本の南でどうなるのか?予想が非常に難しいからです。

いずれにしても台風16号の発生が近づいています。

発生した後、気象庁から出される進路予想にご注意下さい。