台風8号は週明け九州へ。さらに新たに発生する台風(9号)にも要警戒。

台風8号と熱帯低気圧の雲(ウェザーマップ)

台風8号の特徴は、コンパクトでも強い勢力予想

台風8号予報円(ウェザーマップ)
台風8号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風予報円(気象庁)

台風8号は南鳥島近海を北西に進んでいます。

今後は徐々に発達しながら西北西に進み、あす日曜日には暴風域を伴いつつ、父島など小笠原諸島付近を通過する見込みです

その後も日本付近に猛暑をもたらしている太平洋高気圧を避けるように西寄りに進み、月曜日の夜遅くには九州南部に接近し、火曜日にかけて九州付近を通過する見込みです。

台風8号の特徴は、あまり大きなサイズではない、比較的コンパクトな台風ということが言えますが、九州に接近する頃には中心付近の最大風速は35メートル(最大瞬間風速50メートル)に達し、強い勢力で上陸するおそれがあります。つまり近付くと急激に風や雨が強まることが予想されます。

台風が通過する予想の宮崎県の山沿いでは、総雨量400~500ミリの大雨が降る計算もあり、九州では猛暑一転、大荒れの天気が予想されますので、十分な警戒が必要です。

新たな熱帯低気圧が発生

週末の予想天気図(ウェザーマップ)
週末の予想天気図(ウェザーマップ)

一方、タイトル画像にもあるとおり、けさ3時にフィリピンの東の海上で新たな熱帯低気圧が発生しました。

気象庁からはこの熱帯低気圧が台風になる予想はまだ出ていませんが、種々の計算では週明けにかけて、台風の勢力となる計算が増えてきています。

さらに台風の勢力となった後、現在の台風8号よりも一回り、あるいは二回りも大きなサイズの台風となって来週末(あるいは3連休)にかけて、北上傾向を示す計算も出始めています。

追記、気象庁はきょう午後4時半頃に、上記の熱帯低気圧は今後24時間以内に台風(9号)になる見込みという情報を発表しました。これをふまえて、タイトルの一部を変更しました。

ECMWFの予想では来週末に西日本へ

予想天気図(ECMWF)
予想天気図(ECMWF)

参考までにヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想では、この熱帯擾乱(台風9号?)は来週木曜日から金曜日頃に沖縄近海を北上した後、来週末に西日本へ到達する予想となっています。

もちろんこれはあくまでも一つの予想で、来週末の位置や大きさ、強さなどは、計算によってまだかなりばらついているのですが、最悪は大きな台風が来週末(3連休)に日本付近へ到達している可能性も考えられる状況です。

今後の予想に十分な注意が必要です。