台風13号も日本列島へ?再び異例のコースを取る可能性も

台風13号の雲の様子(ウェザーマップ)

予報円は、ほぼ日本列島の中に収まる

台風13号予報円(ウェザーマップ)
台風13号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁)

台風13号は暴風域を伴う台風へと発達し、北上を続けています。

今後も海水温が28℃~29℃程度の暖かな海面上を発達しながら北上し、あさって月曜日に小笠原の東を通過したあと、火曜日頃には北緯30度ラインを越えて、伊豆諸島の南東の海上に進んでくる予想です。

この時点での予報円の直径は480キロと比較的小さくなっており、火曜日頃までの進路はほぼ固まってきたと言えるでしょう。

ちなみにこの時点で、中心気圧965hPa、最大瞬間風速55メートルの強い台風に発達している予想です。

そして問題はこのあとです。

水曜日~木曜日にかけて、予報円の真ん中を進むと、まさに首都圏直撃のコースもあり得そうですが、木曜日(5日先)の予報円の直径は1400キロで、本州付近をスッポリと包み込んでいる状況です。

ただ昨日の時点では直径1900キロもあったので、徐々にではありますが、進路の幅は狭まってきたと言えるでしょう。

そして木曜日の予報円は中心の東側(三陸沖へそれる)を進む可能性より、中心の西側(東~西日本に上陸)を進む可能性の方が高いものと思われます。

それは以下のような理由からです。

高気圧がブロック?再び西進する異例のコースも?

高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)

月曜日は日本の東海上で太平洋高気圧が弱まっているため、もしこのままの状況が続けば、台風はまっすぐに日本の東の海上を北上し、そのまま北日本の東へ抜けていくことになります。

昨日の時点ではこのコースも多く想定されていました。

ところが水曜日になると弱まっていた高気圧が日本付近で手をつなぐように強まり、北日本方面に張り出す予想です。

こうなると台風はここを突っ切って北上することは出来ません。

現在、このような計算が多くなってきたため、台風は北上から西寄りに進んでくる可能性が高まってきました。

つまり東日本に接近するコースです。

さらに木曜日になると日本の東側で高気圧の壁が出来るため、台風は更に西へ向かい、西日本へ進む可能性もあります。

このように太平洋高気圧のブロック次第では先日の台風12号と同様に日本付近を北方向ではなく、北西方向に、あるいは西方向に進む可能性も考えられる状況です。

高気圧の勢力次第では今後も日替わりがあるかもしれませんが、いずれにしても来週の中頃には日本付近に大きく影響している可能性が高いと思われます。

今後の最新情報に十分ご注意下さい。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。