週明け火曜日は都心でこの冬3度目の雪化粧も?

都心の雪(写真:アフロ)

南岸低気圧が通過する予想

南岸低気圧が通過する予想。(ウェザーマップより)
南岸低気圧が通過する予想。(ウェザーマップより)

週明けの月曜日~火曜日にかけて前線を伴った低気圧が本州の南岸付近を通過する予想で、気温の低い関東甲信地方では内陸を中心に雪となる可能性が高くなっています。

都心はこの冬2度の積雪を記録していますが、今回の低気圧もこれと同じいわゆる南岸低気圧で、もしかしたらこの冬3度目の雪化粧となるかもしれません。

今のところ、低気圧は月曜日の夜に九州南部付近を通り、その後、火曜日の昼前にかけて四国沖~伊豆諸島付近を通過する予想です。

上空の流れなどから、今回の低気圧はあまり発達することなく東進する見込みで、関東甲信地方の降水量は比較的少ないとみられます。

とは言え、低気圧が予想よりも陸地に近い所を通れば関東南部を中心に降水量が増える可能性もあり、油断は出来ません。

月曜日~火曜日の雨や雪の予想

19日(月)18時の天気予想。(ウェザーマップより)
19日(月)18時の天気予想。(ウェザーマップより)

月曜日の日中には西日本に大きく降水域が広がる見込みで、平野部ではほぼ雨となりますが、中国山地など標高が高いところではみぞれや雪となる所もありそうです。

また低気圧が近くを通る九州南部や四国では雨脚の強まる所もあるでしょう。

20日(火)0時の天気予想。(ウェザーマップより)
20日(火)0時の天気予想。(ウェザーマップより)

火曜日に日付が変わる頃になると関東甲信地方まで降水域が広がってくるでしょう。

岐阜、長野、山梨など内陸では雪となり、名古屋、大阪など平野部でも雪の混じる可能性がありそうです。

20日(火)6時の天気予想。(ウェザーマップより)
20日(火)6時の天気予想。(ウェザーマップより)

火曜日の明け方には西日本の雨や雪は止んでくる見込みですが、関東甲信地方の降水はこの頃にピークとなる予想です。

首都圏の予想を詳しく

20日(火)6時の関東の天気予想。(ウェザーマップより)
20日(火)6時の関東の天気予想。(ウェザーマップより)

火曜日の午前6時の予想では、埼玉~東京多摩、丹沢、箱根など、内陸部では雪となり、積もっている可能性も高いと思われます。

一方、いつも通りというか、23区あたりは非常に微妙で、江戸川区、江東区、港区など東側や南側に位置している所では雨が主体、一方、板橋区、練馬区、杉並区など、北側や西側に位置している所ほど雪が主体として降る予想です。

今のところ、関東の降水量は北部で0ミリ~5ミリ程度、南部で5ミリ~10ミリ程度と予想され、たくさん降り積もる感じではないと思いますが、火曜日の朝は内陸を中心に雪化粧している所もあるでしょう。

気温が下がれば都心部でもこの冬3度目の積雪が生じてもおかしくありませんので、最新の情報にご注意下さい。