水曜~木曜は太平洋側で雪の可能性高まる。都心で再び積雪も。

2月1日(木)は都心で再び積雪も(ペイレスイメージズ/アフロ)

西日本は1月31日(水)に注意を

1月31日の気象予想(ウェザーマップより)
1月31日の気象予想(ウェザーマップより)

1月31日~2月1日(水曜~木曜)にかけて南岸低気圧の通過する可能性が高くなりました。

これは先日都心に大雪をもたらしたのと同様の低気圧です。

気象庁の防災事項の発表でも、「来週中頃は南岸低気圧の影響で東・西日本太平洋側では降雪や平地でも積雪のおそれ」と注意を呼び掛けています。

コンピュータの予想によると、31日(水)はこの低気圧が西日本の南海上を東北東に進む見込みです。

西日本でも山沿いでは雪となり、四国や九州など低気圧に近いところほど、本格的な降雪となる可能性があります。一方、大阪や福岡など平地では上空の寒気は強いものの、地上付近の降水量は少なく、雨か雪か微妙な感じです。

首都圏(都心)は2月1日(木)に積雪も?

2月1日の気象予想(ウェザーマップより)
2月1日の気象予想(ウェザーマップより)
気象庁発表の週間予報(28日午前11時)
気象庁発表の週間予報(28日午前11時)

そして南岸低気圧は2月1日(木)に関東の南、伊豆諸島付近を通過する見込みです。

関東の上空約1500mには南岸低気圧で雪の可能性が高まる-3℃以下の寒気が流れ込んでおり、先日と同じように降れば都心でも雪の可能性が高いとみられます。

きょう午前11時に発表された気象庁の週間予報でも、木曜日は東京で「曇り一時雪か雨」と雪の可能性が高い予報に変わってきました。

降水量がまとまれば、再び都心を含めて、首都圏でも雪が積もるような本格的な降雪も十分に考えられます。

ただし、週間予報に付加されている信頼度がBあるいはCとなっているように、低気圧のコースや発達次第で降水量や寒気の強さが変わるため、まだ信頼度の高い予想とはなっていません。

最悪は大雪となる可能性もあることを念頭に置き、今後の情報に十分ご注意下さい。