東京都心、未だ9月の真夏日なし。もしこのままなければ49年ぶりの記録に。

9月に入っても不順な天気の東京(イメージ)(ペイレスイメージズ/アフロ)

9月のスタート1週間は真夏日なし

東京都心の最高気温(気象庁のデータをもとに筆者が作成)
東京都心の最高気温(気象庁のデータをもとに筆者が作成)

失速した感じのある今年の夏ですが、8月下旬になって盛り返し、東京都心は8月21日~30日まで10日連続の真夏日となりました。

しかし、8月31日に冷たい空気に入れ替わった後、9月に入っても雨の降る日が多く、きょう7日現在、まだ30℃以上の真夏日は1日もありません。

(きょう7日の最高気温は16時までに24.0℃)

今後の東京の予報(気象庁とウェザーマップ)
今後の東京の予報(気象庁とウェザーマップ)

きょう発表された気象庁の週間予報でも9月14日までの期間で30℃以上の予想はなく、もし仮に9月1か月間を通して、真夏日が1日もなければ1968年以来、49年ぶりの記録となります。

ただ向こう1週間も晴れ具合によっては30℃を超える日が出る可能性があり、また9月後半でも平均すれば2日程度は真夏日が出現していますので、このまま全く真夏日がないということは考えづらいと思いますが・・・。

9月の真夏日の出現について

東京都心の9月の真夏日日数(気象庁のデータをもとに筆者が作成)
東京都心の9月の真夏日日数(気象庁のデータをもとに筆者が作成)

東京都心における真夏日の統計は1876年(明治9年)からあります。

9月に注目すると、月間で10日以上も真夏日があるいわゆる残暑の厳しい9月は明治~昭和(1876年~1988年)までで計18回しかなく、平均すれば6年に1回程度の出現率でした。

ところが平成(1989年~2016年)に入ってから都市化や温暖化の影響で一気に増加しており、28年間で計14回、平均しても2年に1回程度は出現している計算です。

平成に入ってからの9月の真夏日の統計

平成に入ってから9月の真夏日日数は計248日あり、平均すれば毎年9日程度出現している計算です。

これを9月前半と後半(1日~15日、16日~30日)に分けると、前半は約7日、後半は約2日となっています。

つまり9月前半は2日に1回程度は真夏日があるのに対し、後半は1週間に1回程度しか出現しなくなっています。

これはだんだん日差しの力が弱まっていくとともに、大陸から冷たい空気が流れこみやすくなっていくためです。

まさに「暑さ寒さも彼岸まで」といったところでしょうか。