初日の出、見える都市ランキング

初日の出はどこで見られる?(ペイレスイメージズ/アフロ)

元旦は西高東低の冬型の年が多い

今年も残りわずか、新年が明けて最初のイベントといえば、初日の出でしょうか。

一般に元旦は西高東低の冬型になることが多く、太平洋側では晴れやすいものの、日本海側では雲に覆われることが多いものです。

そこで実際はどうなのか?

気象庁のHP上で午前6時の雲量データがある35地点について、過去30年間、元旦の天気を調べてみました。

なお雲量とは、空の全天に占める雲の割合のことで、雲量0~1が快晴、2~8が晴れ、9~10が曇り(雨や雪、霧など)と定義されています。

初日の出は午前7時前後に東の地平線から昇ってくるので、厳密に言えばその地点での初日の出の天気ではありませんが、ある程度の参考にはなると思います。

また主要地点の高知だけは、午前6時の実況データがないので、午前9時のデータで調べています。

元旦の晴天日数(晴天率)は?

過去30年、元旦の晴天日数(気象庁HPより)
過去30年、元旦の晴天日数(気象庁HPより)

午前6時の雲量をもとに晴天日数(晴天率)を調べました。

ランキングを作ると以下のようになります。

1位 24日(80%)東京、甲府、高知

4位 22日(73%)前橋、宮崎

6位 20日(67%)大分

7位 18日(60%)名古屋

8位 17日(57%)銚子

9位 16日(53%)仙台、松山、熊本

12位 15日(50%)釧路、広島

14位 14日(47%)函館、大阪、高松、下関、福岡、鹿児島

20位 13日(43%)長崎、南大東島

22位 11日(37%)那覇

23位 10日(33%)盛岡

24位 9日(30%)網走、新潟、名瀬、石垣島

28位 8日(27%)札幌

29位 7日(23%)松江

30位 5日(17%)稚内、鳥取

32位 3日(10%)旭川、青森、秋田、金沢 

ランキングが1位の東京、甲府、高知の快晴日数を調べると、甲府19日、東京17日、高知14日となっています。

甲府の快晴日数が特に多いのは、日本海からの雪雲が届かず、さらに海からも離れているため、湿った空気の影響を受けづらく、雲が発生しづらいと考えられます。

逆に晴天日数が最下位の旭川、青森、秋田、金沢の快晴日数は、旭川、青森、秋田で0日、金沢で2日となっています。

このことからも、日本海側で、快晴の中で初日の出を拝めるのは数十年に1度あるかないかという状況であることが分かります。

また、実は南西諸島も日本海側に匹敵するほど極端に快晴日数が少なく、石垣島0日、名瀬1日、那覇2日などとなっています。これは暖かな海面上に寒気が流れ込むため、冬季の沖縄は非常に雲が発生しやすいのです。

来年の元旦の天気は?

2017年の元旦の天気(12月29日時点)
2017年の元旦の天気(12月29日時点)

では来年2017年の元旦の天気はどうでしょうか?

天気図の形は西高東低の冬型となりそうですが、特に上空の寒気は強いものではなく、比較的弱いレベルの冬型と予想されています。

このため、基本的には太平洋側では晴天域が広がり、日本海側では曇天模様となりそうですが、例年よりは日本海側でもチャンスがあるかもしれません。

今のところ、雪や雨が予想されているのは、新潟県を中心とした北陸地方だけで、北海道や東北を中心に、日本海側でも初日の出の拝める所があるでしょう。

また寒気が弱いため、南西諸島でも例年よりは雲が少なめとなりそうです。