台風26号、年末としては史上最強勢力でフィリピンを直撃か

鋭い眼を持つ台風26号(気象庁HPより)

昨夜から急激に発達

台風26号は非常に強い勢力でフィリピンを直撃か?
台風26号は非常に強い勢力でフィリピンを直撃か?

台風の最新情報(気象庁)

台風26号はフィリピンの東海上で急激に発達しています。

台風26号が発生したのは22日午前3時で、発生時点での勢力は1000hPa、最大瞬間風速は25メートルでした。

その後、西寄りに進みながらゆっくりと発達し、昨夜23日18時では985hPa、最大瞬間風速は40メートルでした。

ところがこのあと急激に強まり、きょう24日午前9時には915hPa、最大瞬間風速70メートルの非常に強い台風となっています。

わずか一晩(15時間)で70hPaも気圧が下がる記録的な発達の仕方をしており、典型的な急速強化とも呼ばれる発達です。

最新の台風予報(24日午前9時)によると、今が発達のピークと思われますが、あす25日午前9時の時点でも925hPa、最大瞬間風速70メートルの非常に強い勢力と予想されており、その後あまり衰えずに、あす夜にもフィリピン諸島に接近し、直撃する見通しです。

その後、26日にかけてフィリピンを西進する恐れがあります。

現地の被害が心配されますが、年末でフィリピンにお出かけの方もいるかもしれません。このあと2~3日は台風情報に十分な注意が必要です。

年末としては史上最強勢力で直撃か?

日本の感覚では、こんな時期に台風が直撃するなんて思いもよりませんが、フィリピンはまだ台風シーズンとも言え、12月でも2年に1個程度は直撃しています。

年末(12月下旬)でも、時々、強い台風が襲来することがあり、

1994年台風35号(12月21日~22日、960~970hPa)

1981年台風29号(12月25日~26日、950~960hPa)

1959年台風23号(12月31日~1月1日、950~960hPa)

などが挙げられます。

ただ、今回の台風が予想通り、950hPa未満で直撃するようなことがあれば、年末としては史上最強勢力での直撃ということになりそうです。