冬の嵐(吹雪)に警戒!東京も木枯らし1号へ。

北日本では広い範囲で吹雪の恐れがあります。(ペイレスイメージズ/アフロ)

低気圧が北海道の北で急速に発達

低気圧が急速に発達する予想(気象庁HPより加工)
低気圧が急速に発達する予想(気象庁HPより加工)

日本海にある低気圧があす9日(水)にかけて急速に発達し、北海道の北へ進む予想です。また中心から伸びる寒冷前線が本州付近を通過し東へ抜けるため、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が強まる予想です。

このため、等圧線の最も混み合う北海道を中心に、あすにかけて風が非常に強くなり、北日本では最大瞬間風速が30~35メートルに達する見込みです。さらに上空には、季節外れの強い寒気が流れ込んでくる予想です。

真冬並みの寒気が襲来

上空1500メートル付近の気温予想と平年偏差(9日15時)
上空1500メートル付近の気温予想と平年偏差(9日15時)

寒気の流れ込みがピークとなるあす9日(水)15時の上空1500メートル付近の気温の予想をみてみましょう。

すると、東北地方には-9℃以下、北陸地方には-6℃以下、関東地方にも-3℃以下の寒気が流れ込む予想で、これはそれぞれ平年より10℃前後も低く、まさに真冬並みの寒気の襲来と言えます。11月上旬としてはかなり強いレベルでしょう。

北日本は広い範囲で雪が降り、風も強いため、吹雪となる恐れがあります。

さらに、上記-6℃以下の寒気は地上付近にも雪をもたらすため、北陸地方でも初雪が舞う可能性があり、もし新潟や富山などで初雪を観測すれば、平年より2~3週間も早い初雪となります。

北日本や北陸、関東甲信の山沿いでは今シーズン初めて雪の積もる所が多くなりそうですから、積雪や吹雪などによる、交通障害にはくれぐれも注意が必要です。

東京は木枯らし1号の可能性大

東京の時系列予報(8日5時、気象庁発表)
東京の時系列予報(8日5時、気象庁発表)

東京地方でも寒冷前線が通過し終わる今夜遅くから北風に変わり、あす9日未明から平均10メートル以上の強い北風が吹くと予想されています。

これまで何度か東京地方に冷たい北風が吹いていますが、まだ木枯らし1号は発表されていません。

気象庁が発表している東京地方の木枯らし1号の定義は以下の通りです。

1 期間は10月半ばから11月末までの間に限る。

2 気圧配置が西高東低の冬型となって、季節風が吹くこと。

3 東京における風向が西北西~北である。

4 東京における最大風速が、おおむね風力5(風速8m/s)以上である。

あすには木枯らし1号の発表があるものと思われます。