関東甲信地方、金曜日~日曜日にかけて雪のおそれ。都心でも要注意。

積雪した東京(写真:アフロ)

平野部でも雪の可能性が高まる

関東甲信地方では、金曜日~日曜日にかけて、雨や雪が予想されていますが、おととい26日の時点よりも、下層への寒気の流れ込みが強まる方向に変わってきており、関東の平野部でも雪で降る地域が多くなってきている印象です。

土曜日の予想天気図。前線上を低気圧が2度通過する予想。
土曜日の予想天気図。前線上を低気圧が2度通過する予想。

そして、今回特徴的なのは、南にある暖かな空気と北にある寒気との間で、長々と東西に降水域が発生し、長時間にわたり、雨や雪を降らせる可能性があることです。

なかでもピークとなる時間帯は天気図中2つの低気圧が通過する2回のタイミングとなりそうです。

雨や雪の予想

関東甲信地方での雨や雪の降り出しは、あす金曜日の午前6時前後だと思われます。

その後、金曜日の夕方~土曜日の朝にかけて、1回目の降水のピークがあり、内陸を中心に積もる所も出てきそうです。(低気圧1が通過)

金曜日の夜の天気分布。
金曜日の夜の天気分布。
土曜日の朝の天気分布。
土曜日の朝の天気分布。

東京都心では、雨に雪が混じる程度のみぞれの予想となっていますが、より寒気が強い場合や降水が強い場合は、内陸の雪の範囲がもっと南へ広がり、しっかりとした降雪となる可能性も否定は出来ません。

今の予想では東京タワーの上の方、上空300mあたりまでは完全に雪なので、地上に落ちてくる間に雨に変わるかどうかという、非常に微妙な感じです。

そして土曜日の日中は雨や雪の収まる時間もありそうですが、土曜日の夕方から日曜日の朝にかけて、2回目の降水のピークがある予想です。(低気圧2が通過)

この2回目の降水の方がより寒気が強まる予想が出始めていますので、土曜日の朝にかけて雪の積もらなかった所でも、日曜日の朝にかけて積雪となる可能性があります。

日曜日明け方の天気分布。
日曜日明け方の天気分布。

関東地方の冬季における降水現象は12時間程度の1回で終わることがほとんどですが、今回は低気圧が立て続けに2回通過するため、最悪の場合はまる2日間にわたり、雪主体で降り続く所もあるでしょう。

雪で降る可能性の高い、山梨、群馬、栃木などの山沿いや内陸はもちろん、気温の下がり具合によっては、関東の平野部でも雪が積もり、ことによると大雪となるおそれもあります。

今後、気象庁から発表されるであろう、雪に関する情報に十分ご注意下さい。

全国の情報

関東甲信の情報

東京の情報

天気図は気象庁発表資料に加工了承済み。

16時半に、天気図を追加し、内容を一部加筆しました。