末木新

心理学者/公認心理師/和光大学現代人間学部准教授
自殺に関して研究することを通じて、我々が幸せに生きていくとはどういうことなのか、より良い社会はどうすれば実現し、継続していくのか、みたいなことを日々考えています。専門は自殺学/臨床心理学。和光大学現代人間学部准教授。1983年東京生まれ。東京大学教育学部卒、同大学院教育学研究科臨床心理学コース博士課程修了。博士(教育学)、公認心理師、臨床心理士。著書に「自殺学入門」(金剛出版, 2020年)、「自殺対策の新しい形」(ナカニシヤ出版, 2019年)、「インターネットは自殺を防げるか」(東京大学出版会, 2013年, 電気通信普及財団賞受賞)などがあります。