■面接担当者のスキルトレーニングは遅すぎず早すぎず

23卒の新卒採用も徐々に盛り上がってきています。

すでに面接担当者のトレーニングとして、例えば選考スキルを上げるためのトレーニングや、学生を口説くためのフォロートークのトレーニングをやっている企業もあると思います。遅れてしまっている企業は直前になって、慌てていらっしゃるかもしれません。

しかし、スキルトレーニングはあまり前にやっても忘れてしまう事もあるので、むしろ2月、ちょうど就職ナビ解禁直前ぐらいに面接トレーニングや、フォロートークのトレーニングをやる方がよいかもしれません。

3月4月は期末・期初で企業の事業も忙しくなると思います。ですから、ぜひこの2月のタイミングがちょうどいい時期ではないでしょうか。

■面接トレーニングは生身の学生と

面接トレーニングでお勧めなのは、生身の学生に協力してもらって、面接のすり合わせ研修を行うことです。

学生を集め、面接担当者全員で模擬面接をしていただき、自社としての評価をすり合わせせずにそれぞれが評価を付けた上で、皆でディスカッションする事によって、面接の目線合わせをしていくやり方です。

模擬面接の対象とするのは、自社が採りたいような層の学生、できれば内定者の後輩・友人で、他の会社(しかもそれが採用競合だったらなお良し)に内定をもらっている学生がよいでしょう。

こういった研修をやろうと思ったら、4月以降になるとその方々は内定している会社に入ってしまうわけですから、やはり3月末までしかできません。できれば2月中にやっておきたいところです。

そういった意味からも面接トレーニングは2月までがよいと思います。

■フォロートークトレーニングは学生とリアルに接触する前に

3月以降になると会社説明会も始まる等、学生とリアルに接触する事が多くなります。

採用に関わる皆さんは学生の前に出る時には、会社における事業や文化の説明、あるいは自社への入社動機等のフォロートークが、学生の心に刺さるレベルになっておいていただきたいところです。

フォロートークのスキルトレーニングは、学生とリアルに接触する前にやっておくべきでしょう。

具体的にどのようなスキルトレーニングを採用面接担当者に行うべきかについては、明日以降、採用担当者のトレーニングのポイント~①面接について~、採用担当者トレーニング②動機付けの力にて、要点をご説明させていただきます。

こちらもぜひ併せてご覧ください。