林壮一

ノンフィクションライター
1969年生まれ。ジュニアライト級でボクシングのプロテストに合格するも、左肘のケガで挫折。週刊誌記者を経て、ノンフィクションライターに。1996年に渡米し、アメリカの公立高校で教壇に立つなど教育者としても活動。2014年、東京大学大学院情報学環教育部修了。著書に『マイノリティーの拳』『アメリカ下層教育現場』『アメリカ問題児再生教室』(全て光文社電子書籍)『神様のリング』(講談社)『世の中への扉 進め! サムライブルー』(講談社)などがある。現在、DZスポーツ留学事業責任者として、日本人アスリート海外挑戦の橋渡しを行う。