WBC/WBOライト級3位、IBF4位のイサック・クルスが、9月4日にWBC同級挑戦者決定戦に出場することとなった。

 クルスは、2021年3月にもWBAライト級タイトルの挑戦者決定戦で勝利し、昨年12月にジャーボンテイ・デービスに挑んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20211207-00271435

 圧倒的不利とされたクルスだが、デービスを苦しめ、自身の株を大いに上げた。

(C)Esther Lin/SHOWTIME
(C)Esther Lin/SHOWTIME

 23勝(16KO)2敗1分けの24歳は、この4月にユリオルキス・ガンボアを5回KOで下している。

https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20220420-00291915

(C)Esther Lin/SHOWTIME
(C)Esther Lin/SHOWTIME

 9月4日の会場は、ジャーボンテイ・デービス戦と同じクリプト・ドットコム・アリーナだ。

 クルスは言う。

 「ロスアンジェルスのファンの前で戦えることを、とても幸せに思います。モチベーションが上がりますよ。ライト級最強のデービスと戦ったファイトと同じ場所で、今回もいい相手と戦えるんですね。試合を控えてワクワクしています」

 対戦相手は27勝(12KO)2敗3分けの同胞、エドワルド・ラミレス(29)。2019年11月以降、5連勝中のサウスポーだ。ラミレスにとって、ライト級での初試合となる。

(C)Esther Lin/SHOWTIME
(C)Esther Lin/SHOWTIME

 ラミレスも話した。

 「この一戦のために増量を決めたが、その分自分は強くなっている。クルスと戦うのは非常に光栄だ。何故なら、俺が勝てばライト級トップ選手の一人として、ボクシング界全体から認められるから。

 ヤツは足を使ったりはせず、打ち合いにくるだろう。でも、俺を倒すことは出来やしないよ。勝つ策も見当たりっこ無い。自分が有名になる為の最高の相手だな」

 メキシカン同士の打ち合いが予想される。筆者はクルス有利と見る。