スーパーライトとウエルターの2階級を制した元世界王者、ダニー・ガルシア(34)が、2020年12月5日にエロール・スペンス・ジュニアに敗れて以来のリングに上がる。日時は7月30日と決まった。

 カムバック戦の相手は、WBC暫定スーパーミドル級チャンピオンであるデビッド・ベナビデスの実兄、ホセ・ベナビデス(30)。場所はニューヨーク、ブルックリン。

 ガルシアとベナビデスは154パウンドでの試合にサインしており、共にスーパーウエルター級での1戦目となる。

プエルトリカンであるガルシア   Photo:Sean Michael Ham/ Premier Boxing Champions
プエルトリカンであるガルシア   Photo:Sean Michael Ham/ Premier Boxing Champions

 ガルシアは言う。

 「俺は戻って来た。リングを去ったことなど無い。リングに上がることが待ち遠しいぜ。いつだってブルックリンのファンは俺を支えてくれる。いい試合をするから、見逃さないでくれよ」

メキシコ移民の血を引くベナビデス   Photo:Esther Lin/SHOWTIME
メキシコ移民の血を引くベナビデス   Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 ホセ・ベナビデスも話した。

 「この試合はメキシコvs.プエルトリコだな。共に、何を証明するかの戦いになる。ファンが喜ぶ素晴らしいファイトをお見せするよ。俺はヤツよりもデカく、強い。力の差を見せつけてやるさ」

 ベナビデス兄もWBAスーパーライト級暫定タイトルを獲得した経験を持つ。生き残りをかけたサバイバルマッチを制するのは、どちらのベテランファイターか。