24勝(13KO)1分けでWBA6位にランクされるメキシカン、ケビン・ゴンザレス(24)が米国デビューを果たした。対戦相手は19勝(12KO)2敗のプエルトリカン、エマニュエル・リベラ(32)。

(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME
(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME

 8歳の年齢差か、ゴンザレスの動きには躍動感があった。技術もパワーもメキシカンに分があった。

 ゴンザレスのハードパンチとコンビネーションを浴びたリベラは、2回に鼻から出血し、翌ラウンドに唇を切り、7回にも左目の上を切った。ゴンザレスは自身も右瞼から血を流しながら、98-92、97-93、96-94で勝利した。

(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME
(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME

 試合後、ゴンザレスは言った。

 「リベラはクオリティーの高い選手。メキシカンvs.プエルトリカンの戦いは、ファンを喜ばせたんじゃないかな。すぐにでも、世界タイトルに挑戦したい」

(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME
(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME

 現在、スーパーバンタム級は、WBA/IBFチャンピオンがウズベキスタンのムロジョン・アフマダリエフ。そしてWBC/WBO王者がスティーブン・フルトンと、共に2つのベルトを巻く。

 ゴンザレスがターゲットとするのは、WBA王者だろうが、交渉がすんなりまとまるようには思えない。

(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME
(C)Stephanie Trapp/SHOWTIME

 スーパーバンタム級のメキシカンといえば、ゴンザレスの上位に、あのルイス・ネリがいる。ネリはWBAではランク外だが、WBC、IBF、WBOでそれぞれ3位だ。ゴンザレスはこのクラスでメキシカン最強となってから、世界挑戦という流れにはならないだろうか。

 マイケル・カルバハルvs.ウンベルト・ゴンザレス、フリオ・セサール・チャベスvs.ミゲール・アンヘル・ゴンザレス、オスカー・デラホーヤvs.フェルナンド・バルガス等、メキシコ系の同胞対決はボクシングファンを熱狂させる。

 同じメキシカンによって悪童ネリ退治がなされたとしたら、日本のファンも溜飲が下がるというものだ。