IBFスーパーライト級2位、WBC同級8位のプエルトリカン、スブリエル・マティアス(29)が、唯一、黒星を喫した相手であるペトロス・アナヤン(33)とのリターンマッチを迎えた。

 2015年12月に故郷、プエルトリコでデビューしたマティアスは11連勝を飾り、2018年10月に米国に進出。当地での初陣もファーストラウンドKOを収め、自身の存在をアピールした。

(C)Amanda Westcott/SHOWTIME
(C)Amanda Westcott/SHOWTIME

 が、米国での3戦目となった2020年2月22日に、ロシアウェルター級、IBFインターナショナルスーパーライト級と2つのベルトを巻いた経験のあるペトロス・アナヤンに判定負けする。7ラウンドにロープダウンを喫しての完敗だった。

 世界タイトル挑戦を見据えながらも、どうしてもリベンジを果たしたいマティアスは、その後、WBA米大陸スーパーライト級王座にも就いたロシア人ファイター、アナヤンを追い求め、今回の再戦に漕ぎ着けた。

(C)Amanda Westcott/SHOWTIME
(C)Amanda Westcott/SHOWTIME

 両者は至近距離で激しく打ち合う。共にダメージを蓄積させながら、我慢比べが続いた。手数とクリーンヒットでマティアスがポイントを稼ぐ。プエルトリカンは、序盤から執拗にボディを狙った。

 7回、マティアスはローブローで減点されるが、ペースは確実に掴んでいた。

(C)Amanda Westcott/SHOWTIME
(C)Amanda Westcott/SHOWTIME

 第9ラウンド終了間際、マティアスが放ったショートの左フックがアナヤンの顎を打ち抜く。

 屈強に見えたロシアンファイターだが、ゆっくりと腰からキャンバスに沈んだ。彼にとってプロ生活初のダウンである。起き上がり、試合続行を求めるアナヤンはゴングに救われる。

 が、インターバル中に視線が定まらないアナヤンのダメージを考慮したドクターが、試合を止めた。

(C)Amanda Westcott/SHOWTIME
(C)Amanda Westcott/SHOWTIME

 試合後、勝者は言った。

 「敗北以来、雪辱を果たしたかった。だから、この試合を望んでいた。リマッチで、俺の実力を見せようと思っていた。自分の売りはパンチ力だけじゃない。木を切り倒すように相手を料理できるんだ。この試合を作ってくれた人々に感謝するよ」

 胸の痞えを下ろしたマティアスは、18勝(18KO)1敗に、アナヤンは16勝(7KO)3敗2分けとなった。

 アナヤンは、2021年10月16日に10回判定勝ちでWBA米大陸タイトルを得たばかりだったが、23カ月前の初戦と比べると動きに鋭さが消えていた。彼に強力なマネージャーやプロモーターがついていれば、一度下した相手との試合にサインしただろうか。

 年齢以上の差を感じざるを得ないファイトであった。