WBAバンタム級2位のサウスポー、ゲーリー・アントニオ・ラッセルが、2-0の判定勝ち(96-94、96-94、95-95)を収め、デビュー以来無傷の19連勝(12KO)を飾った。

(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 ジャッジの一人がドローと採点したことについて、不満気な表情を浮かべながら「俺の勝利は明確だった筈だ。足を使って捌いたよ」と、ラッセルは語った。

(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 ラッセルは、対戦相手のアレキサンドロ・サンティアゴ(24勝13KO3敗5分け)を「タフで荒く、それでいて攻撃的だった。もっとクロスレンジで戦えばよかったな。背の低い選手との戦い方は分かっているんだよ」と評した。

 「前回の試合で、俺はヘッドバットを何発か浴びたので、どこかで警戒する気持ちがあった。一方で自分はクリーンに戦いたかったんだ」

(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 前半、ラッセルのジャブが光った。ジャブを突破口としながら、自身より10センチ背の低いサンティアゴにコンビネーションを幾度となく浴びせ、ポイントを稼いだ。

 サンティアゴは、「五分五分の試合だったと思う。ジャッジにアピールできるように、もっとプレッシャーを掛けるべきだったね。序盤、ヤツは見過ぎていて、俺の方が攻めていたから、勝ったように思うんだけどな」と言った。

(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
(C)Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 勝者は言葉を続けた。

 「もう、チャンピオンと戦ってもいい頃だろう。ジョンリル・カシメロに挑戦したい。まぁ、他の王者でもいいけれどね。『まだ早い』と言う人もいたが、俺には、タイトルを狙える力が十二分にあるさ」

 ラッセルの口から、井上尚弥の名は出なかった。将来、日本が誇るモンスターと戦うことはあるだろうか。