デューク大学で1年のみプレーし、2019年に鳴り物入りでNBA入りしたザイオン・ウィリアムソン(21)。既にニューオーリンズ・ペリカンズのスターとして一挙手一投足を注目されている。

 ザイオンはサマーリーグ中に右足の小指を骨折。本人も周囲も楽観視していたが、長いシーズンを戦うには開幕までに完治させておくべきだと、手術に踏み切った。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 ペリカンズの今季のファーストゲームは、10月20日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦だ。3年目のシーズン開幕に間に合わせるべく、ザイオンはプレ・シーズンマッチを欠場し、調整を続けていた。

 経過は順調だと伝えられているが、もう2週間から2週間半、回復に時間が掛かるらしい。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 ザイオンの年俸は、公表1073万3400ドル。ペリカンズで5番目の高給取りである。201センチで285パウンド(129キログラム)のザイオンは、技術とパワーは申し分ないものの、ふくよかな体を指摘されてきた。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 どこの会場でも、入念なウォームアップ&シュート練習をし、コーチと共に自身の画像を目に、反省点を頭に入れてからティップオフを迎えるザイオン。今季も暴れてくれるに違いない。

 ザイオンのドクターによれば、コート復帰はハローウィン前後になるとのことだ。3年目の今シーズン、おおいなる飛躍を期待したい。