3月13日にWBAライト級挑戦者決定戦に勝利したメキシカンのブルファイター、イサック・クルズ・ゴンザレスが先日、10回戦に登場し、3-0(97-92、99-90、100-89)の判定勝ちを収めた。ゴンザレスは戦績を22勝(15KO)1敗1分けとした。

 3月のファイトではキャリア初の12ラウンドを経験し、"決定戦"に勝利したものの、世界タイトルマッチはまだ決まらない。それでもワンサイドの内容に、勝者は笑みを浮かべた。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 「何て言えばいいんだろう? 最高に嬉しいよ。予想通リの展開だった。相手のフランシスコ・バルガスは狡猾であり、クリンチが多かったね。そこを自分のペースに持っていけたのが良かった。27勝(19KO)3敗2分けのベテランから学ぶことは多かった」

 試合後、ゴンザレスはそう話した。

 2020年10月31日にファーストラウンドKOを飾り、自身の存在感を強烈にアピールしたゴンザレスだが、手数は36歳の相手より少なかった。

 バルガスが586であったのに対し、23歳のゴンザレスは548だった。が、強打の数はバルガスが148、ゴンザレスは188。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 「我々はトップ選手同士の戦いを見せられたと思う。体を作り、コンディションも仕上げた。ファンも幸せを感じたことだろう」

 ゴンザレスの良さの一つは頭の動かし方にある。身長163センチ、リーチ160センチという小柄な体躯を理解したファイティングスタイルだ。左右のフックを振るいながら、接近戦に持ち込む様は、メキシカン好みである。最終ラウンド残り47秒には、バルガスからダウンを奪った。

 メキシカンファイターらしい闘争心を見せるゴンザレス。さて、どこまで登れるか。