ドミニカ人の若者は、髪型、トランクス、シューズと、あの“ザ・グレイティスト”モハメド・アリを真似ていた。

 とはいえ、中間距離での打ち合いを好み、「蝶のように舞い、ハチのように刺す」という戦いぶりではない。フットワークとジャブに“ザ・グレイティスト”のような華麗さや鋭さは無い。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 ミッシェル・リベラ(23)。デビュー以来無傷の20連勝(13KO)中だったリベラは2019年6月21日に米国デビューを果たし、本場での6戦目のファイトを迎えた。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 WBAライト級挑戦者決定戦としてジョン・フェルナンデス(21勝1敗18KO)と対峙したリベラは、6ラウンド1分24秒に右ストレートをボディに喰らったところでバランスを崩し、ダウンを喫する。

 が、ベルトラインにアリの名を刻んでいるだけあって、リベラはハートの強さを見せた。ひたすら前に出て打ち合う。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 そして、第8ラウンド2分27秒にワンツーをぶち込み、あっさりとKO勝ちを飾った。フェルナンデスはうつ伏せに倒れ、起き上がりかけたがカウントアウトされた。

 「この勝利は、本当に嬉しい。フェルナンデスは強く、経験豊富な選手。思った以上のプレッシャーを掛けてきたので、こちらもそれに対応する必要があった」

 リベラは試合後、そう語った。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 祖国を離れ、フロリダ州マイアミに移り住んでトレーニングを重ねるリベラは、次戦の相手としてWBA暫定王者のローランド・ロメロとのファイトを希望し、「その後は、ジャーボンテイ・デービスかテオフィモ・ロペスと戦いたい」と結んだ。

 アリを意識した外見でノックアウトを見せれば、確かに客は沸く。ただ、上を目指すためにはディフェンス面を磨いてほしい。度胸は申し分なさそうなリベラが、今後、一皮剥けることを期待したい。