6月6日、メイウェザーのエキシビションをSHOWTIMEがPPV放送

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 5階級制覇の元パウンド・フォー・パウンドのフロイド・メイウェザー・ジュニアと、26歳のローガン・ポールとのエキシビションマッチが、6月6日に催されることが正式に決まった。

 1カ月前となった現地時間の6日(木曜日)、彼らがあいまみえる地、フロリダ州マイアミで、両者はメディアの前に姿を現した。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 エキシビションでありながら、SHOWTIMEがPPVで放送する。

 記念撮影の後、お決まりのトラッシュトークで罵り合い、ローガンの実弟、ジェイクがメイウェザーの帽子を奪ったことから乱闘寸前となったが、これまた演出であろう。

 いくらエキシビションと言っても、メイウェザーが素人を相手にした"戦い"がボクシングとして成立する筈もない。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 メイウェザー・ジュニアは「これもファンが求める宣伝の一環だ。でも、あの兄弟は自分に対する尊敬が無いね」と語った。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 ローガン・ポールも強気に捲し立てた。

 「フロイドは既に引退した人間だ。今回、再引退ってことになるさ。自分はボクシング史上最も偉大なチャンピオンを倒す男となるんだ」

 同興行の前座には元WBA/IBFスーパーウエルター級王者、ジャレット・ハードのカムバック戦がセットされ、NFLのスターワイドレシーバーであるチャド・ジョンソンがリングに上がることもアナウンスされた。

写真:ロイター/アフロ

 WBAライトヘビー級チャンピオン、ジャン・パスカルと2階級制覇のスウェーデン人ファイター、バドゥ・ジャックとのリマッチがセミファイナルに組まれた。

SHOWTIMEがメディアに配布したスケジュール表
SHOWTIMEがメディアに配布したスケジュール表

 SHOWTIMEは、4月中旬に7カ月先までの興行&放送スケジュールを発表している。その時点で決まっていたPPVは、6月26日のガーボンタ・デービスvs.マリオ・バリオスのみであった。

 そこにメイウェザー・ジュニアとローガン・ポールのエキシビションを加えたのは、無論PPVの売り上げが見込めるからである。

 ボクシングファンにとって、心が躍る"ファイト"にはならないであろう。が、SHOWTIMEがどの程度のPPVを売り上げるかは、気になるところだ。