2度WBCスーパーミドル級王座に就いたアンソニー・ディレルが週末に再起戦

2度、WBCスーパーミドル級王座に就いたアンソニー・ディレル(写真:REX/アフロ)

 2014年8月16日、2019年2月23日と2度にわたってWBCスーパーミドル級王座に就いたアンソニー・ディレル(36)が、27日にリングに上がる。この試合を放送するFOXは「挑戦者決定戦」と謳っており、ディレルにとっては2019年9月28日にベルトを失って以来のファイトとなる。

 ディレルの試合を組むTGBプロモーションのトム・ブラウン代表は「アンソニー・ディレルは、ファイターになるために生まれて来た男だ。彼は2度の世界タイトルを手にするために、幾つかの壁を乗り越えねばならなかった。が、カムバックの度に以前より強くなった」と大風呂敷を広げる。

 とはいえ、ディレルは2回共、獲得したタイトルを初防衛戦で手放している。しかも、2019年9月28日の一戦はKO負けだった。

2019年9月28日の試合では9回KOで敗れた
2019年9月28日の試合では9回KOで敗れた写真:REX/アフロ

 再起戦を控えた33勝(24KO)2敗1分けの元チャンピオンは言う。

 「トレーニングキャンプは非常に上手く運んでいる。手応えは十分。対戦相手のカイローン・デイビスは、俺レベルの選手とやったことがない。ファンはKOシーンを期待しているだろう。俺は遊ばずに自分の力を見せてやるつもりだ」

 15勝(6KO)2敗のデイビスは、この試合のためにミドル級から増量した26歳。2020年1月18日の試合で4回KO勝ちを収め、FOX関係者の目に留まった。元チャンピオンに勝利してステップアップを狙いたいところだ。

 デイビスの2つの黒星のうちの一つは、パトリック・デイに喫したもの。デイは村田諒太のスパーリングパートナーとして来日し、27歳にしてリング禍によって夭折した選手である。

 デイビスは語った。

 「物凄くハードな練習をこなしているところです。この機会を与えてくれた方々に感謝します。勝算はたっぷりありますよ。自分の時代が来るんだということを、FOXテレビを通じてお見せします」

 両者の年齢差は10。果たして、どんな一戦となるか。