フォトグラファーに訴えられたKINGレブロン。裁判の行方は……

スポーツフォトグラファーなら、誰もが撮りたいKINGレブロン(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 アメリカ時間の3月24日、KINGレブロン・ジェームズが米国人フォトグラファー、スティーブン・ミッチェルから訴えられた。レブロンは、昨年12月13日に行われたLA Lakers vs. Miami Heat 戦の3Qで右手ダンクを披露。その写真をレブロンが撮影者の許可なく、自身のインスタグラムやFacebookに使用した為、ミッチェルが著作権の侵害だと声を上げたのだ。

 

 ミッチェルはフリーランスのフォトグラファ―であり、自身の作品を様々な媒体に売ることを生業としている。米国で最も権威のあるスポーツ総合誌『Sports Illustrated』をはじめ、『ESPN』など大手メディアで活躍する実力派だ。いかにレブロンと言えども、無料で己の写真を使われてはたまらない、という思いであろう。

 同ゲームでレブロンが率いるLakersは、苦しみながらも113-110でHeatを下した。この日のレブロンは28得点、12アシストのWダブルを記録。マイアミに乗り込み、2万13人で埋まった敵地で上げたAWAY13連勝目に達成感を覚えたに違いない。

 レブロンがFacebookで自分のダンクシーンをアップしたのは試合の翌日。勝利の余韻に浸っていたのかもしれない。本人もしくは、KINGが持つ社のスタッフがセレクトした右手ダンクは、それだけ会心のプレーだった筈だ。

 本件は、法的に考えればレブロンに分が悪い。が、こんな事態となってもKINGはFacebookからその写真を消してはおらず、誰の作品かも記していない。

 原告の請求額は15万ドル。KINGにしてみれば痛くも痒くもない金額だ。ミッチェルもカネというより、自身の仕事を軽視されたという思いがあるように感じられる。

 ここで思い出すのは元世界ヘビー級王者(WBC、WBA)、ティム・ウィザスプーンの言葉だ。述べるまでもないが、彼が戦った世界タイトルマッチは全てTV中継された。2000年代初頭にティムのドキュメンタリーが作成され掛かった際、作り手はチャンピオン時代のファイト映像を使おうとした。しかし、何万ドルもの著作権の壁に阻まれ、断念している。

撮影:著者
撮影:著者

 ティムは「俺が映っているのに自由にならないんだな…」とボヤいていた。ティムもSNS愛好家なので、今でも防衛戦のKOシーンなど使いたいだろうが、一切タッチしていない。

 あるいはKINGレブロンにも「被写体は俺じゃないか」という思いがあるのかーーーその心情も理解できる。

 果たして、裁判の行方は? どういう戦いになるにせよ、レブロンが法廷でもKINGらしく振舞う様を見てみたい。