カイリー・アービングが右肩のケガで今季絶望。

2016年にNBAチャンピオンとなり、6度のオールスターを経験しているアービング(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 今シーズンからブルックリン・ネッツの一員となり、開幕戦で50得点、1月末日には54得点をマークしたカイリー・アービング。2016年にはKINGレブロンと共に、NBAチャンピオンを獲得。オールスターに6度選出され、2014年には同MVPも受賞したポイントガードだ。

 卓越した技量は勿論、演技も出来、映画の主役に抜擢されたこともあるhttps://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20181101-00102172/

 ネッツは今季、アービングとケビン・デュラントの2大スターを獲得して話題になったが、両選手ともコートに立てないことになってしまった。ご存知のように、デュラントは昨シーズンのFINAL第5戦でアキレス腱を断裂した。今季はリハビリを最重視するため、出場は見合わせている。

 しかしネッツにとって、アービングのケガは誤算であったに違いない。現時点で20試合しかプレーしておらず、近く右肩を手術することが発表された。ここ数週間は右膝の痛みも訴えていた。ネッツのGMは、「右肩を手術し、復帰は来シーズンの頭となりそうだ」とアナウンス。

 アービングの父はボストン大で活躍した後、オーストラリアでプロ生活を送った。後にNBA屈指のポイントガードとなるカイリーは、メルボルンで誕生している。父のプレーを目にすることでバスケットボールを学んでいった。

 名門、デューク大を経て、2011年のドラフト全体1位選手として鳴り物入りでNBAデビュー。ルーキー・オブ・ザ・イヤー、NBA王者と順調に歩を進めて来たアービングには、"壁"も必要だったか。

 まだ27歳。ケガさえ克服すれば、リーグを代表するポイントガードとして客を呼ぶことはまだまだ可能だ。今はただ、治療に専念してほしい。そしてファンは、アービング主演映画『アンクル・ドリュー』を観て、彼の持つバスケ以外の才能を堪能しながら、復活の日を待ってほしい。同作品はコメディーだが、アメリカの良さも含まれている。