200年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太の課題点」

おめでとう村田諒太! 更に上を目指せ!!(写真:ロイター/アフロ)

 祝 村田諒太 WBA世界ミドル級タイトル獲得

 本コーナーでお馴染みの元WBA世界ジュニアウエルター級1位&日本ウエルター級王者の亀田昭雄。現役時代、所属ジムの会長に「具志堅用高以上の天才。200年に一度のボクサー」と評された男だ。その亀田昭雄に、10月22日の試合について語ってもらった。

==============================================================

 アッサン・エンダムは村田諒太に関する対策をかなりしていましたね。第1戦よりも、上手さを感じました。村田の右を食わないことを一つのテーマにしていたように見えました。

 とはいえ、両者の技術を比較した場合、村田の方が数段上です。だから今回は終始、村田のペースで試合が進みましたね。4、5ラウンド、村田のボディブローが有効でした。あれで勝利を確実なものにしましたよ。

 何はともあれ「おめでとう」と言いたいです。

 ただ、村田がミドル級最強となるには、課題が見えたのも事実です。エンダムは一流のチャンピオンではない。実際、アメリカのリングからはお呼びがかからない選手でしょう。敢えて言えば、村田が勝つのは当たり前でした。

 村田が改良すべき点を指摘するとすれば、1)手数の少なさ 2)コンビネーションのスピードアップ 3)重心をさらに低く ということになります。

1) 今の村田は1発1発力を込めて打っている。もう少し柔らかく、強弱をつけたコンビネーションを打てれば攻撃の幅が広がります。アマチュア経験の長い選手は、「まず守ろう」という意識が働くものです。かつての僕もそうでした。村田の戦いぶりもそういう部分があります。守りの意識が、手数の少なさに繋がっているように思えます。

2) 今のところ、村田のコンビネーションは3つのパンチです。が、4つ、5つとまとめて打ちたいですね。チャンスに一気に仕留めるラッシュがほしい。僕と闘ったアーロン・プライアー、また、シュガー・レイ・レナード、そしてオスカー・デラホーヤなんかは、30発くらいの連打で相手を沈めましたよね。

3) 重心が若干高いのが気になりました。もう少し低くしないと速いコンビネーションを打つのは難しいでしょう。

 村田はまだまだ伸びるでしょうし、より大きなベルトを狙うわけですから、もっともっと成長してほしいと思っています。更に上を目指してください。期待しています。