イタリア人記者が語った2人の日本代表

サムライブルーを引っ張って来た同学年の2人(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

セリエAを取材し続けて13年。2012年より『ガゼッタ・デル・スポルト』紙に勤務するアンドレア・ファニ記者(41)に、本田圭佑について訊いてみた。ファニは日本を訪れたことがあり、かなりの親日家だ。本田がミランに加入してからも、厳しい言葉は吐かなかった。

その彼が言う。

「本田がイタリアに来た時は非常に期待したし、2年目の前半は素晴らしかった。ポテンシャルを感じたよ。でも、もう31歳。あの頃の輝きは無い。衰えたね。ピークが過ぎてしまった。もう、セリエAではプレーできないだろうな。今の本田を欲しいと考えるチームは無い。一つ一つのプレーが遅いんだ。イングランドでも厳しいんじゃないかな。

ドイツの下位なら一部でやれる可能性はあると思うけれど…。精神力の強い男だから、自分の居場所を見付けて、いいパフォーマンスを見せてほしいと願っているんだがね」

ファニ記者は、インテルで出番が減った長友についても言及した。

「チームの精神的な柱になっている部分があるし、献身的な姿勢がファンからも愛されている。ただ、スタメンではなく、あくまでも交代要員として価値がある、という状態だね。長友はインテルに骨を埋める決意をしているようだが、自分の役割を弁えているのなら、OKかな。

もっと出場時間がほしいというのなら、呼んでくれるチームに移籍するべき。長友は、まだセリエの中堅もしくはそれ以下のチームから声が掛かりそうだ。彼もピークは過ぎているだろうが、まだ走れる。スピードがあるよね」

日本代表を牽引してきた2人も加齢には勝てない。だとしても、それを受け入れて闘う姿が見たい。次世代に夢を与えられる人間というのは稀少なのだ。あの体つきを見れば、如何に努力を重ねているのかが分かる。

老いと闘う姿も必見だ。